ねこ

初めまして!ももやま ななと言います

名前の由来は実家にいる猫 もも やまと なな を組み合わせて付けた名前です。

現在、アラフィフで子ども無しの兼業主婦。

現在はライティングの勉強中です。

夢は、ブログで収入を得て、仕事とをやめて、保護猫のシェルターを作ること。

今は、ノラ猫の世話を10匹しているので彼らを室内にいれてあげたい。

たいが
僕たちのことだね

 

のあ
私のお母さんもノラ猫ですにゃん

 

私は小さいころから猫が大好きで4歳の時から猫と暮らしていました。

今は保護活動の手伝いをしています。

ただ猫が好きなのに結婚相手両親が猫が大嫌い!

なので結婚してからは猫の事は考えないようにしていました。約15年。

しかし明日出来事がきっかけで、保護猫活動に引き込まれていくのです。

是非、そのきっかけを知ってほしくて。

もし興味があったら読んでみてください

読んでみてにゃん!

保護猫活動との出会い~ももとの出会い~

このかわいい猫 ももとのの出会いから始まります。

ももは、のらねこでした。

当時、前に飼っていた猫のモモが亡くなって1年、実家の両親が家族にしようと連れてきたのです。

あまりの可愛さに一目ぼれの私!

ただこのあと事件が起こります。

発情期で家出をするもも

ちょうど産まれて5か月はじめての発情期を迎えてももは鳴き続け、家出をしてしまいます

探してもみつからず。私は泣きながら愛護センターに電話をしたり、チラシを作ったり。

そんな時インターネットである保護猫団体を見つけます。

それが【幸せの切符】 私は今所属している保護猫団体です。

そこで、ホームページにももの事を掲載してほしいと頼むことに。

快くひきうけてもらいました。

しかし1か月半何も情報はありません。

しかし、諦めていたころに・・・

なぜか新しい猫を迎えていた両親

私が必死にももを探しているのになぜか愛護センターから新しい猫を迎えていた両親 やまと君です。

もも
私の事わすれたのかな

 

さすがにびっくりしました。

やまと
でも僕は連れてこられただけだし

 

怒りもありましたが、もちろんやまとには罪はないし。

結果、ももとやまとは、仲良しで出会えたことに今は感謝しています

 

1か月半後 ももとの再会

【色が黒くなったもも】

ほとんどあきらめていた1か月半後

1本の電話が・・・

『このチラシに似た猫(もも)がうちにご飯を食べにきているよ』っと

その次の日にちゅーるにつられて保護できたももの姿が。

なな
もも~

もも
ただいまにゃん

 

 

もううれしくて、うれしくて。

だいぶやつれてはいましたが、病院に連れて行ったところ異常なし。

ご飯もバクバク食べていました。

そこで後日、幸せの切符さんにお礼を言いにいきました。

もともと保護猫活動に興味があった私は、そのままお手伝いをすることになったのです。

その時は、チラシを作ったり譲渡会の手伝いをするだけのつもりでした・・・

しかし猫神様は試練を与えるのでした。

 

まとめ

今回は自己紹介と、保護猫団体に所属するまでをかいてみました。

次回からは、保護猫活動、TNR活動、猫についての記事を書いていこうと思います。

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事