素敵な出会いの場所【保護猫カフェ】ってどんなところかを解説します

猫好きさん
保護猫を飼いたいけどどんな出会い方があるのかしら

もも
たくさん方法はあるにゃん
最近テレビでもよく取り上げられている保護猫。
保護猫とは
飼い主さんに捨てられてしまった、迷子になってしまった、動物愛護センターや保健所など行政に持ち込まれた、飼い主からの飼育放棄、多頭飼育崩壊、ノラ猫などわけがあり保護されて猫のことを言います。
ペットショップの猫もかわいいけど、私は保護猫を飼ってみたいと思う人も多いはず
他にも、猫は飼いたいけどワケがあって飼えない、保護猫を助けてあげたいけど何をすればいいかわからない。
さまざまな事情の人がいると思います。
そんな人たちの気持ちを満たしたり解決できる場所が、保護猫カフェです。

なな
私も保護猫カフェにはお世話になってます!ボランティアもしたことあるんですよ。
そんな私が、保護猫カフェについて解説します。
自己紹介

保護猫カフェってどんなところ?

猫カフェ
猫カフェには大きく分けて2種類あります。

猫カフェ

おもにオーナーさんが飼っていて猫をみながら食事ができる喫茶店です。
滞在する猫も血統書付きの人気の猫種が多く、マンチカンだけの猫カフェや、ベンガルだけの猫カフェなど、お店によってコンセプトが変わってきます。

保護猫カフェ

名前のとおり保護した猫を一時的に住まわせてお客さんと触れ合ってもらい、里親さんを見つけることを目的に運営をしてるカフェのことです。
飼い主さんに捨てられてしまった捨て猫、迷子になって居場所を無くした猫。
飼い主からの飼育放棄、ネグレクト、多頭飼育崩壊、元野良猫。
動物愛護センターや保健所など行政に持ち込まれた猫の引き出しなど様々な事情の子が一緒に住んでいます。
個人で猫助けをした人、NPO団体、ボランティア団体など様々な人が経営をしています。
様々の事情を持ったねこたちが室内に放し飼いになっており、猫と触れ合いたい人、猫の里親さんになりたい人が入場料を払って一定の時間、カフェ内に滞在し、猫と触れ合う場所になります。
金額はまちまちですが1時間1,000円~2,000円ワンドリンク付くところが多いです。

もも
猫さんたちがお客さんをもてなしてごはん代を稼いでるんだね

保護猫カフェのおすすめポイント

保護猫カフェ

 

保護猫カフェのおすすめポイントを解説しますね。

①猫とじっくり関わって性格などを知ることができ、保護猫を家族にむかえいれることができる

保護猫譲渡会や、ネットでの募集、愛護センターでの譲渡会でも保護猫には出会うことはできますが、知らない場所、知らない人達に囲まれて緊張し素の姿をみることたできません。
保護猫カフェだと猫本来の姿がみられて性格もよくわかるので猫を迎える際に安心できます。

②猫を飼いたいが家庭の事情なので無理な人が来店し猫と触れ合える

猫を飼いたいけど賃貸でペット不可とか、家族に猫アレルギーがいる、家族に猫嫌いがいて(これ私です)飼えない様々な事情の人がいると思います。
そんな人には、本当におすすめです。大好きな猫に囲まれて癒されますよ。

なな
私は猫カフェに行くと時間を忘れてついつい長居をしてしまします(笑)

③保護猫の助けをしたいが方法がわからない人も猫カフェに来店するだけで猫の力になれる

テレビやYouTubeをみて保護猫の現状を見た人は何かしてあげたい助けてあげたいと思うのではのでしょうか。
実は猫カフェに行くだけで猫助けができるのです。
入場料が保護猫のごはん代や医療費になります。
グッズなども販売しているところもあるので、ぜひ購入してみてください。
もちろん猫助けになります。

なな
保護猫カフェもお客さんが来ることでいろいろメリットがあるんですよ
保護猫カフェ側のメリット
①来店してくれることで猫たちの生活費が賄える。
②何度か通ってくれる人が里親さんになってくれるので人柄が分かり安心できる。
③猫の性格を知ってから里親さんになってくれるので安心ができる
私がよく行く猫カフェの紹介です。

出典:moffmoffねこちゃんねる

保護猫カフェで行くときに注意すること

猫カフェ

 

猫好きさん
猫カフェに行きたいけど何か注意することがある?

なな
たくさんありますよ!
保護猫カフェにいる猫たちは、元ノラ猫や、多頭崩壊、飼育放棄など心に傷を負った子や人があまり得意ではない子もいます。
(もちろんスリスリさんもいます)
そこで保護猫で気を付けることを解説しますね。

利用時の注意

  • 入る時は必ず消毒をする
  • 大きな声を出したり追い回さない
  • 無理やり抱っこをしたり、猫が嫌がることをしない
  • 写真を撮る時はフラッシュをたかない
  • おもちゃは持ち込まず店のものを使う
  • おやつやご飯を持ち込んで勝手に上げない

これは、普段猫と触れ合うときにも役にたつので1つずつ解説をしていきますね。

入る時は必ず消毒をする

猫は人が外から持ってくる菌などで、病気になることがあります。

例えば人も感染するカビの一種真菌(糸状菌(しじょうきん))

この菌が持ち来られることによって免疫力の弱い子は痒みを感じたりハゲたりします。

思わぬところから病気を持ってくる可能性があるので必ず消毒はしてください。



大きな声を出したり追い回さない

猫は聴力がいいため大きな声が苦手です。

高い大きい声は喧嘩や威嚇された時の声に似ているため恐怖を感じます。

あまり大きな声を出さず小さめな声でゆっくりと話しかけましょう。

無理やり抱っこをしたり、猫が嫌がることをしない

かわいいからといって追いかけ回したり、無理やり抱っこをするも避けたほうがいい行為です。

いくら人なっつこい子でも、知らない自分の何倍も大きな人に追いかけられたらびっくりしてしまいます。

特に抱っこに関しては、猫カフェの禁止事項に上がっている場合もあるので確認をしてください。

猫は猫目線で接すると安心します。できるだけ姿勢を低くしてみてくださいね。

写真を撮る時はフラッシュをたかない

カメラのフラッシュのような強い光を当てると猫の網膜に影響を及ぼす可能性があります。

猫にとって光は人の2倍以上に感じてしまうことがあります。

網膜に影響をおよぼすだけでなく痙攣などをおこすことがありますので絶対にやめましょう。

もも
レーザーポインターやLEDライトも目に直接当てないでね

おもちゃは持ち込まず店のものを使う

『このおもちゃ絶対に喜んでくれるわ』とおもちゃを持ち込む人がいます。

これも外から持ち込むことで猫カフェに、病気を持ち込む可能性があるためやめましょう。

新品なら大丈夫というお店もあるので、持ち込みたいときはお店に確認してみてくださいね。

おやつやご飯を持ち込んで勝手に上げない

おやつやご飯を持ち込んであげたく気持ちはわかりますが絶対にやめましょう。

猫たちの中には持病があり、療養食を食べている子やダイエット中で食事制限などをしている子がいるからです。

またたびなども持っていくのはやめましょう。

必ず猫カフェに入店する前にルールの説明があります。

ルールにそってかわいい猫ちゃんたちと戯れてくださいね(笑)



保護猫にカフェに寄付をしよう!

寄付

保護猫カフェは猫さんががんばって働いていますが、ご飯代、医療費、猫砂、たくさんの費用がかかります。

もし余裕があったら寄付をしてみましょう。

  • 喜ばれるもの
  • 毛布(使わなくなったものでOK)
  • タオル(使い古しでOK)
  • 猫砂(お店に何を使っているかきいてみてください)
  • ウェットティッシュ
  • 猫のごはん・おやつ(必ずお店にどの銘柄がいいか確認してください)

店頭には、募金箱が置いてあることが多いので、寄付することもできます。

 

まとめ

今回は保護猫カフェについて解説してきました。

①保護猫カフェは、飼い主のいない猫を保護し、里親さんと出会う場所として運営している。

②保護猫カフェを利用するときはルールを守る

③保護猫カフェのおすすめポイント

保護猫カフェのおすすめポイント
  • 猫とじっくり関わって性格などを知ることができ、保護猫を家族にむかえいれることができる
  • 猫を飼いたいが家庭の事情なので無理な人が来店し猫と触れ合える
  • 保護猫の助けをしたいが方法がわからない人も猫カフェに来店するだけで猫の力になれる

ぜひ1度保護猫カフェに足を運んでみてください。

 



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事