知らない間に愛猫にストレスを与えているかも?猫の嫌いなニオイを解説!

猫初心者さん
犬は鼻が利くっていうけど猫ってどうなの?

なな
実はネコの嗅覚は人間の数十万倍と言われているんですよ
災害救助犬や、麻薬探知犬、警察犬、犬は鼻がとてもいいというイメージがあると思います。
では、猫はどうなんでしょうか。
実は猫の嗅覚は人間の数十万倍と言われています。
なので、人が心地よいと思ったニオイでも猫にとっては不快なニオイだったり、悪臭に感じることもあります。
猫が嫌いなニオイを身に着けたり発していると猫にストレスを与えたり、嫌われてしまいます。

なな
飼い主さんなんかニオイはキツイにゃん。近づきたくないにゃん
大好きな愛猫にストレスを与えてり嫌われたりしたくないですよね。
この記事では、猫の嫌いなニオイについて解説していきます。
この記事を読めばあなたが猫に避けられている理由がわかり、愛猫と距離が縮まること間違いなしです。

 

まず最初に猫はなぜ嗅覚がすぐれているのか解説をします。

猫の嗅覚は人間に比べ約数十万倍鋭いと言われています。

が、人間より強くニオイを感じているわけではありません。

人が離れていて感じないニオイを猫は優れた嗅覚で察知できるという意味なのです。

 

 

やまと
僕はおやつのニオイに敏感だよ(笑)

もも
密封されていてもニオイでおいしいものは、わかっちゃうにゃん
実は猫は、味覚と視力があまりよくありません
そのため敵が近くにいないか、ご飯は傷んでいないかなど判断するために嗅覚が発達したと言われています。
猫の視力
猫は視力は人の10分の1程度で、視力は0.1~0.2ほどといわれ、物は輪郭がぼやけた状態で、全体的にもやがかかったようにみえています。ただ動体視力はすぐれているため、動いているものを狩るのは得意です。

猫の味覚

猫はよくグルメだといわれうます。
ところが実際は猫の味覚「塩味」「酸味」「苦味」の3つだけと言われています。
そのため猫は嗅覚で食べられるものかを判断するため、ニオイが強いものや食欲をそそる香りの食事には食いつきがいいです。

なな
では猫の嗅覚が優れている理由がわかったところで猫の嫌いなニオイを解説しますね。

猫の嫌いニオイ

 

人より嗅覚が優れている猫は、人にとっては苦にならないニオイでも猫にとっては大きなストレスになることがあります。

そのようなニオイが苦手なのでしょうか、解説をしますね。

柑橘類(かんきつるい)

猫は野生で暮らしていたころは狩りをして生活をしていました。

その時に食べていいものなのか腐っていないかをニオイで判断をしていました。

そのため酸っぱいニオイ=腐っていると判断するため苦手なようです。

ハッカやメンソール

シップやメンソールや歯磨き粉など『つーん』としたニオイも苦手です。(芳香剤、ハーブ、練り歯磨き、湿布薬など)

なぜならこのようなニオイは猫には酸っぱいニオイに感じられ腐ったニオイに感じるからです。

 

マスクにハッカスプレーを振りかけると涼しく感じよいといいますが、猫には嫌われてしまうかもしれません。

実は私もマスクにハッカをかけてしまいあとで後悔したことがあります。

 

なな
まれにメンソールのニオイを猫の大好きな『またたび』と勘違いして舐める子もいるそうです

 

アロマや香りの強いハーブなど

アロマやハーブなどは猫が嫌うだけでなく中毒症状をおこすこともあるので要注意です。

猫が苦手なニオイ
ランタナ、ユーカリ 、ラベンダー 、ローズマリー、レモングラス 、柑橘類 、ペパーミント 、ニンニク 、チャイブ 、マリーゴールド 、ゼラニウム 、ヘンルーダなど
特に柑橘系の皮に含まれるリモネンという成分は猫は分解することができません。
蓄積をすると手足のしびれや運動機能に障害がでる場合がありますので要注意です。
ラベンダーは猫が舐めると命にかかわることがあるので、猫を飼うなら家で使用することはやめましょう。

猫初心者さん
猫が大丈夫なアロマがあれば教えてほしいんだけど

なな
キャットニップ(洋風またたび)・キャットグラス(猫草に物使われている)バレリアン・シソは大丈夫ですよ。ただ様子をみながら使ってみてくださいね。

香辛料の匂い

猫はコショウやトウガラシやカレー粉、ニンニクのニオイも苦手です。

韓国料理を食べた後に猫に近づくと嫌がる素振りをみせるかもしれません。

もも
やめて―近づかないで~

ニオイにも注意ですが、間違って食べてしまうと胃腸炎をおこすことがあります。

料理する際も猫の行動に気を付けながら素早く触れない場所にしまいましょう。

香水

電車の中で香水のニオイをぷんぷんさせている人いますよね。

ニオイに敏感な人だと香水のニオイで気分が悪くなったりする人もいると思います(私がそうです。)

もちろん猫にとっても不快なニオイです。

それだけではなく、吸引・吸収すると、かぶれ・湿疹・皮膚のただれ・咳・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・涙目など体の不調がおこることがあります。

 

私は香水は使いませんが柔軟剤で香りの強いものを使っていたことがあります。

実家に遊びに行ったときにやまとが近づいてきてニオイをかいたのですが大変でした。

やまと
ボク、ななさんの服のニオイを嗅いだらくしゃみが止まらなくなったにゃん
とても悪いことをしたなと反省しています。
注意してほしいこと
  1. 香水をつけるときには猫を部屋にいれない
  2. 猫が舐めない場所につける
  3. こぼしたらきれいにふきとり猫が舐めないように注意する
  4. 猫に香水をつけない
  5. 柔軟剤のニオイに気を配る

なな
猫に好かれたかったら香水はつけないのが得策です!

タバコのニオイ

喫煙しない人には「たばこの煙」は不快なニオイですが、嗅覚の優れる猫にとっては強烈で嫌いなニオイの1つです。

『○○ちゃんかわいいね』と猫の顔に口が近づいてとき、猫にとっては拷問に近いかもしれません(笑)

猫に近づくときには、たばこのにおいを消してから近づいてあげてください。

そして猫の小さな体にとって、たばこの煙の影響は人間より更にたばこの有害物質の影響を受けやすいとので、タバコを吸うときは外で吸うなどの配慮をしてあげてくださいね。

まとめ

 

この記事では、猫の嫌いなニオイについて解説してきました。

猫の嫌いなニオイ

柑橘類
ハッカやメーンソール
アロマやハーブ
香辛料
香水
タバコのニオイ
ニオイだけでなく舐めると危険なものもありますので猫を飼うなら気を付けて取り扱ってくださいね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事