【猫を迎えるための準備】窓の脱走対策の方法と便利グッズをご紹介

突然ですが、猫の窓の脱走対策ってどのようにしたらいいのか悩んでいませんか。

特に初めて猫を迎えるとき大切なことがあります

なな
窓の脱走対策はできていますか?

 

猫初心者さん
でも、網戸をしておけば大丈夫でしょ
しかし猫は窓を開けて網戸にしていると自分でこじ開けたり、網戸に穴をあけて脱走をしたりします。
そのまま帰ってこないなんてこともあります。

 

せっかく迎えて愛猫ともう会えないなんてぜったいにいやですよね。

 

でも安心してください。

窓の脱走対策は意外と簡単で便利グッズなども売っているんです。

私も猫の脱走対策にはとても苦労したので、いろいろと試してみました。

 

この記事では、猫の窓の脱走対策の方法やグッズを紹介していきます。

この記事を読むと猫の脱走を防げて幸せな猫との生活を送ることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

猫が脱走する理由

猫が脱走する理由は5つあげられます。

  1. たまたま出られるようになっていたから
  2. 窓の外のをみてたら好奇心にかられてしまった
  3. 避妊去勢手術をしていなくて発情期がきたため
  4. 引っ越しなどで環境が変わりパニックででてしまった
  5. 災害などでガラスが割れたりして外にでてしまった

窓は脱走されやすいだけでなく、高層階などから脱走すると猫が命の危険にさらされることがあります。

実際、私の実家の猫『ヤマト』は寒い日に窓から脱走をして、瓦が凍結していて滑り落ちそうになったことがあります。

やまと
あのときはびっくりしたにゃん

 

実際にマンションのベランダから落ちて下半身不随になった猫ちゃんもいます。

悲しい目にあわせないために窓の脱走対策を紹介しますね。

 

窓の脱走対策

 

窓の脱走対策を紹介します。

猫は力があり、鍵が開いていれば、窓の隙間に腕で隙間を開けて顔を突っ込んでこじ開けてしまいます。

 

なな
注意ポイントは部屋の窓、風呂場の窓、トイレの窓などがあります

窓に柵を作る

まず窓に柵を作りましょう。

うっかり窓を閉め忘れても安心です。

DIYをして柵を作る

窓対策の柵は簡単にできます。

 

 

 

 

 

コツ

鍵のない方に着ける

①突っ張り棒を窓のサイズに合わせて2本用意をする

②ワイヤーネットをできるだけ窓ギリギリサイズのものを用意する

無い場合はワイヤーネットを結束バンドでつなぎ合わせる

③突っ張り棒を2本立てる

④突っ張り棒とワイヤーネットを結束バンドでつなげる

【より安全のために】

⑤突っ張り棒にカラビナ(結束バンドでもOK)をつけて横にフックをつけてひっかける。

これで固定されて、より安全になります。

もも
2000円~3000円ぐらいでできますよ

柵を購入する

見た目を重視したい、DIYは苦手な人は、既製品やオーダ品を購入するのがおすすめ。
お手頃なものから、見た目がとてもいいものまで種類がたくさん種類あります。
自分に合ったものを探してみてくださいね。

なな
脱走防止柵を紹介しますね。

既製品ならこちら

 

オーダーならこちら


 

網戸を脱走対策をする

 

気温があがってくると窓を開けることが多くなると思います。

これが結構な落とし穴です。

猫は手先が器量で力もあります。

普通の網戸なら簡単に開けますし、爪をつかって網の穴を大きくして脱走することもあります。

ここでは網戸の対策を解説しますね。

網戸をロックする

網戸にしたいけど、どうやって猫の脱走を対策をしたらいいのという方には

サッシロックがおすすめ。

サッシ枠に貼るだけでロックができ猫は開けることができません。

小さいお子さんがいるご家庭でも窓からの落下防止にもなります。

ホームセンターやネットでも購入できて金額もお手頃。

 

もも
ぜひためしてみてにゃん

網戸を張り替える

通常の網戸は、猫の鋭い爪には太刀打ちができません。

網戸をひっかいた場所からどんどん穴が大きくなり脱走してしまいます。

予防のためには網戸を貼り替えましょう。

少し手間とコストはかかりますが、脱走して帰ってこなくなったり、事故にあったりを思えば正直お安いと思います。

実際に猫が家出をして探す際、探偵に頼むと10万円以上かかります。

それでも帰ってくる言う保証はありません。

かわいい猫のためにもぜひ設置してくださいね。

 

 

まとめ

この記事では、猫の窓の脱走対策の方法やグッズを紹介してきました。

 

猫は運動神経も良く賢い動物です。

1度脱走方法を覚えてしまえば何度でもします。

繰り返している間に取り返しのつかない事態にもなりかねません。

必ず脱走対策はしてくださいね。

窓だけでなく玄関も対策をしましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事