猫 甘噛み

カワイイ愛猫を撫でているときや、遊んでいるときなどに突然「かぷっ」と「甘噛み」をされたことはありませんか?

ケガをしない程度の噛み方で、カワイイのですが、噛み癖がつきそうで少し不安になることも。

もも
私の得意技にゃ!

 

実は猫の「甘噛み」には、ちゃんと意味があるのです。

今回はそんな「甘噛み」の意味と、対処方について解説をしていきます。

 

自己紹介

 

猫の「甘噛み」ってどの位を指すの?

猫 甘噛み

 

「甘噛み」は猫が口を完全には閉じずに、何度も「はぐはぐ」する噛み方です。

前歯で軽く噛む場合や、奥歯で噛む場合も。

歯を軽く立てる程度ですが、状況によっては、皮膚に歯型が残ることや、擦り傷になってしまうこともあります。

対して「本気噛み」は、相手を攻撃することが目的ですので、あごの力を使って一度に「ガブリ」と噛みます。

人が「本気噛み」された場合は、出血を伴うケガをすることが考えられるでしょう。

強弱はありますが、飼い猫が噛む場合は「甘噛み」であることがほとんどです。

 

猫が「甘噛み」をする意味

なぜ猫は「甘噛み」をするのでしょうか。

大きく分けて5つの意味があると考えられています。

  1. 愛情表現
  2. 「やめて」の意思表示
  3. 遊びたい
  4. ネックグリップ
  5. 歯の生え変わり

①愛情表現

まずは“愛情表現”としての「甘噛み」です。

特に子猫にとっての「甘噛み」は、母猫に甘える表現のひとつです。

そのため、甘えたいときや、かまって欲しいときに飼い主さんに「甘噛み」をすることがあります。

飼い主さんのことを、母猫のように信頼しているからでしょう。

また飼い主さんに撫でてもらっているときに、手をペロペロなめた後、ウットリした顔で「甘噛み」する場合も愛情表現です。

 

②「やめて」の意思表示

「甘噛み」は直接「不満」を表す場合もあります。

特に多いのが、猫を撫でていると急に「甘噛み」される場合です。

「ゴロゴロと喜んでいたのになぜ?」と疑問に思いますよね。

これは“愛撫誘発性攻撃行動”と呼ばれています。

簡単にいうと、猫が「もう撫でないで」と感じたときに取る行動なのです。

例えば

  • 撫で方が気に入らない
  • さわられたくない場所をさわった
  • さわる時間が長すぎて嫌になった・・・など

この場合は「甘噛み」前に「やめて」のサインを出しています。

耳をふせるイカ耳になったり、ゴロゴロ音が聞こえなくなったり、しっぽを振りはじめるなどです。

このサインが見られたら、撫でるのをやめておきましょう。

なな
私はこれをももに毎回やられています(笑)

また、爪切りなどお手入れ中にも「やめて」の意味で「甘噛み」してくることがあります。

猫は長時間の拘束が苦手なので、お手入れを何回かに分けて、一回のお手入れ時間を短くするとよいでしょう。

 

③遊びたい

猫が遊びたいときにも「甘噛み」をしてくることがあります。

特に遊び盛りの猫は、ちょっとでも動くものに興味を示し、じゃれつくのですが、人の手や指にも反応します。

ついつい遊んでしまうのですが、猫が「人の手で遊んで噛んでもいい」と覚えてしまわないように、おもちゃを使って遊ぶようにしましょう。

また、多頭飼いの場合は、他の猫に遊んでほしくて「甘噛み」で誘うこともあります。

本気のケンカ(威嚇するなど)でなければ、放っておいて大丈夫です。

また遊びの中で、おもちゃを噛んでいるときは、噛むことで狩りの満足感を得ているので、叱らず見守ってあげましょう。

 

④ネックグリップ

発情期に入ったオス猫が行う「甘噛み」です。

通常はメス猫の首を噛んでおさえる行動ですが、まれに飼い主の腕を噛んでおさえようとする行動をすることがあります。

本能なのでやめさせることは難しく、去勢手術をすることでおさまります。

⑤歯の生え変わり

猫の「甘噛み」は、生後23か月頃から始まります。

これは乳歯と永久歯の生え変わり時に、歯茎の違和感から何かを噛んで歯固めをしようとするためです。

噛んでもいいおもちゃなど用意してあげるといいですね。

やまと
僕も歯がムズムズしたよ

 

猫の「甘噛み」にしつけは必要?

遊びたいときや、甘えているときの「甘噛み」はとてもカワイイのでつい、そのままにしてしまいがちです。

しかし子猫のときから、「人の手を噛んでもいい」と学習してしまうと成猫になったときに、思わぬ事故につながる可能性も。

人に対しての「甘噛み」には、叱ってしつけるのではなく、猫の行動をコントロールすることが大事です。

「甘噛み」する意味を理解して、対処することでコントロールしていきましょう。

 

猫の「甘噛み」の対処方法

その場を離れる

遊びなどの興奮している途中で「甘噛み」をしてきた場合は、一度遊ぶのをやめてその場を離れ、興奮がおさまったら、戻って遊びを再開します。

繰り返すうちに「噛むと遊んでくれなくなる」と学習してくれるでしょう。

また、飼い主の気を引くために「甘噛み」している場合にも効果的です。

 

大げさに声を出して痛がる

→猫は子猫時代、母猫や兄弟猫と遊ぶうちに「甘噛みの力加減」を覚えていきます。

強く噛むと母猫に叱られたり、兄弟猫に逃げられたりするからです。

ですが、早いうちに母猫や兄弟猫と離れた場合は、力加減がわからないので強く噛みすぎてしまうことも。

この場合は飼い主が、力加減を教える必要があります。

強く噛んできたら、少し大げさに「痛い!」と声を出してみましょう。

その後、少し距離をとることで、猫は「強く噛んだら逃げられる」と学習してくれます。

このときに「叩く」「叱る」は逆効果です。

反対に信頼関係を失うことになるので、行わないで下さい。

もも
叩かれると飼い主さんのことキライになっちゃうよ

 

強めの「甘噛み」をされたときの注意点

猫を撫でているときに「やめて」の意思表示で急に噛みつかれると、つい驚いて手を引っ込めてしまいますが、キケンなので注意しましょう。

猫の狩猟本能を刺激してしまい、歯が食い込んでケガにつながることも。

噛みつかれて離してくれないときは、反対に口の奥に手を入れると苦しくなり離してくれます。

このときに、あまり奥まで入れて、ケガをさせないように注意しましょう。

 

猫に噛まれたら病院へ

猫に本気で噛まれたら傷口をキレイに洗って病院に行ってください。

猫ひっかき病という病気になることがあります。

【原因】

猫に噛みつかれたり、ひっかれたことによってバルトネラ菌が体内に侵入し感染

【潜伏期間】

数日~14日

【症状】

傷の部分の丘疹(きゅうしん)(直径1cm以下の皮膚の隆起)、化膿、発熱、痛みが数週間から数か月続きリンパ節の貼れがみられます。

なな
私の母も猫の同士の喧嘩を止めに入って噛まれ1か月ぐらい腫れがひきませんでした

 

 

まとめ

今回は猫の「甘噛み」の意味と、対処方法について解説をしてきました。

もも
甘噛みとは、口を完全には閉じずに、何度も「はぐはぐ」する噛み方です。

 

甘噛みの理由

①愛情表現

②「やめて」の意思表示

③遊びたい

④ネックグリップ

⑤歯の生え変わり

 

ほとんどは、「甘えたい」「遊んでほしい」「かまってほしい」などの愛情表現ですが、時には「やめて」の意思表示の場合もあります。

猫の「甘噛み」は飼い主へのメッセージでもあるので、叱るのではなくメッセージを受け止めて、対応してあげてくださいね。





 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事