【猫のストレス】見逃さない!早く気づいて対応してあげるコツ

もも
私ストレス抱えているんだけど飼い主さん留守が多くて気づいてくれないにゃ

猫好きさん
どうしたらいいんだろう?
かわいい愛猫と一緒にずっといたいっといっても仕事や学業、プライベートの用事で、なかなか一緒にいられないということはありませんか。
最近、愛猫が元気がない、でも理由がわからない、もしかしたらストレスかもしれません。
猫は、留守番は苦手ではないですが、繊細でちょっとした変化にもストレスを抱えやすいからです。
でも、一緒にいる時間が少ないといないとストレスの原因がわからないですよね。
そこでこの記事では、猫がストレスを抱える原因と抱えた時にでる症状を解説します。
もう一つ猫の留守番が多くても様子がわかる良い方法もお教えしますね。

なな
猫のストレスを見逃さないことが、飼い主さんや愛猫が幸せに暮らすことができるんです!

猫は留守番が得意

猫は、祖先の名残を残している動物です。
猫の祖先は、砂漠で単独生活をしていたこともあり一匹で留守番することは平気です。

なな
6か月未満の子猫と老猫は体調が不安定なため長時間のお留守番はやめましょう
しかし、中には飼い主さんに依存していて鳴き続ける子や玄関でずっと待ち続ける子もいます。
なので猫の性格を知ることが大切になります。
そして留守番中に猫にとって不愉快なことがありストレスを抱えているかもしれません。
ペットカメラを留守番の時に置いて様子を見る事をお勧めします。

なな
短期の時はレンタルがおすすめ


 

猫が元気がない時の行動しぐさ

猫は言葉を話しません。

そして猫は野生時代の名残で体調不良をギリギリまで隠します。

なので、よく観察をして少しの変化も見逃さないようにしてください。

もも
猫は野生で生きていたころ、弱点をみせれば敵に狙われ命とりでした。その名残から体調不良などを隠すと言われています。

 

猫が元気がない時や恐怖を感じている時の行動

 言葉に出さなくても行動で表している時があります。

ぜひじっくり観察してくださいね。

目(瞳)瞳孔が開きまん丸の目になる(恐怖)
身体姿勢を低くしてしっぽを後ろ足に入れる(恐怖)
耳が横にピンと張った状態になる(イカ耳)(恐怖)
しっぽしっぽが真上にたつものの先端が曲がる(元気がない)
歩き方顔としっぽをさげてとぼとぼと歩く(元気がない)

頭をさげたままだったり、かかとをつけてまま歩く(元気がない)

鳴き方ゴロゴロいっているときは体調が悪い時も※1

なな
特に元気がない行動をしているときは注意が必要です

 

猫がストレスを抱えているときの行動

猫はストレスを抱えているの様々の行動をおこします。

猫がストレスを抱えている時の行動
  • ごはんを食べない
  • 便秘や嘔吐
  • 自傷行為や過剰なグルーミング(毛づくろい)
  • 粗相をしてしまう
  • 激しく爪とぎをする

このような行動があればストレスの原因を探して取り除いてあげましょう。

猫のストレスの原因

 

では猫がどんなことでストレスを感じるのでしょうか解説をしていきます。

猫がストレスを感じる原因は主に7つ。

ストレスの原因
  1. 多頭飼いをした時に猫同士の相性が悪い
  2. 運動不足
  3. トイレが汚い
  4. 飲み水が汚い
  5. 来客(特に大人数)
  6. 騒音
  7. 香水やアロマ

    ①多頭買いをした時に猫同士の相性が悪い

    人でも相性の悪い人が同じ部屋にいればストレスになります。

    特に猫は単独を好む生き物。

    配慮が必要です。

    特に猫を飼っていてもう1匹お迎えすると先にいた猫には、多大なストレスがかかります。

    先住猫ファーストでケアをすることが大切です。

    ②運動不足

    猫の祖先は山の上が生活圏でした。

    そのため猫は高いところに飛び乗るのが得意で大好きです。

    猫は室内飼いでも問題はありませんが狭い場所に閉じ込められたり、上下運動ができないとストレスを感じてしまいます。

    室内に上下運動ができるように立体的な空間を作ってあげましょう

    キャットタワーやキャットウォーク、段差がつくように家具を配置するのもおすすめです。

    ③トイレが汚い

    猫はキレイ好きです。

    トイレが汚いとストレスを感じトイレをしなくなったり、粗相をするようになります。

    トイレは頭数×1用意をして、掃除はまめにしましょう。

    トイレのお手入れの仕方
    1日3回は掃除をし、週に1回は猫砂を全交換します。
    月に1回~2回はトイレごと丸洗いをして、日光にあてて消毒をしましょう。

    トイレは人がたくさん集まる場所ではなく、静かな場所に置いてあげてください。

    もも
    猫は野生時代トイレの時間は敵に襲われる心配があり緊張をしながらでした。その名残で静かなところを好みます

    ④飲み水が汚い

    猫は本能的にキレイな水を探すと言われています。

    お水の交換はまめに行いましょう。

    お水のお皿は、猫+1~2いろいろな場所に置いてあげるのをおすすめします。

    猫はもともと砂漠にすんでいたため水を飲む量が少なくても生きてはいけますが、水を飲まないと腎臓病などになりやすくなります。

    できるだけ水分は取らせるように努力しましょう。

     

    もも
    ウェットフードやちゅーるなどのおやつでも補えますよ

     

    来客・家族が増えた

    猫は自分のテリトリーに知らない人が入ってくることをとても嫌います。

    すべての猫ではありませんが(たまにウェルカムの子も)ストレスを感じるようです。

    来客があった時に隠れられる場所、その場から逃げられる環境にしてあげてください。

    前もって来ることがわかっていたら別室を用意したあげるとよいですね。

    子どもが増えた同居家族が増えたこのような時もストレスを感じるので、無理に仲良くさせようとせず、見守ってあげてくださいね。

    もも
    私はクーラーの取り付け工事の人がきたときに怖くて逃げまくったにゃん💦

    騒音

    猫の聴力は約4倍から5倍と言われてます。

    外で工事や大声で叫んでいることがあれば、耳障りでうるさく多大なストレスがかかります。

    もう1つ首輪の鈴も人から見ればかわいくてどこにいるかわかり便利ですが、猫にとってはストレス。

    できれば鈴なしの首輪をつける事をおすすめします。

    香水やアロマ

    鼻がきくといえば犬のイメージですが、猫も鼻はよくききます。

    猫の嗅覚はなんと人間の数万倍~数十万倍。

    人にとってはここちよいニオイでも猫にとってはつらくストレスになることも。

    特に香水やアロマ、柑橘系のニオイは苦手です。

    猫を飼っているうちは家の中で使わないのがよいでしょう。

    なな
    ももとやまとは私の柔軟剤のニオイを嗅ぐとくしゃみが止まらなくなったことがありますよ

    もし元気がなかったらストレスを原因がないか見極めて対策をしてあげてくださいね。

     

    まとめ

     

    この記事では、猫がストレスを抱える原因と抱えた時にでる症状を解説してきました。

    猫がストレスを抱える原因
    1. 多頭飼いをした時に猫同士の相性が悪い
    2. 運動不足
    3. トイレが汚い
    4. 飲み水が汚い
    5. 来客(特に大人数)
    6. 騒音
    7. 香水やアロマ

    ただ仕事などで留守にしていると猫の些細(ささい)な変化に気づかないこともあります。

    そんな方には、ペットカメラを置くことをおすすめします。

    今は携帯から声掛けできたり、時間にご飯がでてきたり、固形のおやつをいれておけば指示することで与えることもできるものもあります。

    録画機能がついているものがあれば、異常があったときに動画を動物病院に持っていくこともできます。

    ぜひペットカメラおいてみてくださいね。



    2016年度グッドデザイン賞受賞【Furboドッグカメラ】

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事