猫脱走!帰ってきたらすることとは?お家に戻ってもまだ安心できないワケ

あれ?窓が開いてるにーちゃんがいない!

にーちゃん
窓が開いていたからお外にでちゃった

 

猫の脱走は気をつけていても窓や玄関から、ふとした拍子に発生することがあります。

 

室内飼いの猫が脱走してしまったら、無事に帰ってくるか心配でたまらないですよね。

無事にお家に帰ってきたときには、ホッと安心してしまうのではないでしょうか。

 

ところが、お外から帰ってきてもまだ安心はできません。

猫が脱走から帰ってきたら、飼い主さんが「すること」があるのです。

なぜなら外に出たことによって病気やケガをしている可能性があるからです。

避妊手術をしていないメス猫なら妊娠の可能性も・・・

 

そこで、この記事では猫が脱走する理由や、脱走から帰ってきたあとに飼い主さんがすることとについて解説します。

 

猫はどうして脱走したがるの?

 

猫は室内飼いをしていても、スキがあればお外に出ようとチャンスを狙っています。

お外で暮らしていた猫はその傾向が強いといえますが、お外に出たことのない室内飼いの猫も脱走の可能性は同じようにあります。

 

猫は好奇心旺盛な動物なので、知らないニオイや場所に子興味津々(きょうみしんしん)です。

空を飛んでいる鳥や窓から見える他の猫、動き回っている虫など誘惑はいっぱい。

ドアや窓が開いていたら、脱走してしまうのは当然のことで、特にお外で暮らしていた猫は、刺激を求めてお外に出たがるでしょう。

 

特に、避妊や去勢をしていない場合は、発情期になると相手を求めてお外に出たがります。

これは本能なので、お家にパートナーがいない、繁殖させる予定がない場合は脱走防止やストレスを与えないためにも、早めに避妊・去勢手術をしましょう。

 

他にも引っ越しやお家の環境にストレスを感じていると、元の安心できる場所に帰ろうと脱走を試みることも。

また、何かに驚いたときにたまたま開いていた場所から逃げ出すケースもあるので、注意が必要です。

 

 

猫が脱走から帰ってきたらすること

 

猫が脱走したあとお家に帰ってきたら、お外で何かトラブルにあっていないか確認し、体のケアと脱走防止の対策を行いましょう。

もしかしたらケガや感染症にかかってしまっているかもしれません。

猫が脱走して帰ってきたらすること
  1. ケガがないかチェックする
  2. 体を拭く(洗う)
  3. 水とご飯をあげる
  4. 病院に連れていく
  5. 妊娠していないか様子を見る

猫が帰ってきたらすること① ケガがないかチェックする

他の猫とのケンカや、事故などでケガをしていないか、どこか痛がっていないか確認しましょう。

猫の歯や爪は先が細く鋭いため、皮膚の奥に小さな傷でもウイルスに感染したり菌が入ったりして、悪化することもありますので、細かく確認してください。

傷の具合によっては触ると痛がる、食欲がない、元気が無く寝てばかりなどの上場がみられることがあります。

異常があれば、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

これは私の体験をしたことです。

まだ私が小学生のころ、愛猫が外から帰ってきて横腹のあたりを触るととても痛がりましたが、傷はみつけることはできませんでした。

しかし3~4日たってから化膿して大きな穴が開きました。

すぐに病院に連れていきましたが手術と入院。

あとで聞いた話ですが、噛まれたのに気づいてすぐに病院に連れていき抗生物質を与えることでここまで悪化しなかったとのこと。とても辛い経験でした。

猫が帰ってきたらすること② 体を拭く(洗う)

猫は狭いスキマも自由に出入りできるため、お外のどこにいたのかわかりません。

見た目は汚れていなくても、雑菌やノミ、ダニなどを持って帰っている可能性もあります。

猫用シャンプーで洗うか、濡れたタオルで拭いてからブラッシングして汚れを落としてください。

なな
ノミダニの駆除剤をつけてくださいね

猫が帰ってきたらすること③ 水とご飯をあげる

普段室内飼いの猫はお外でエサを食べることは難しいため、空腹の状態で帰ってきていると考えられます。

新鮮なお水と、食べなれたご飯を与えましょう。

急にたくさんの量をあげると食べ過ぎたり胃の動きが付いていかないことがあるので様子をみながら量を調節してください。

もし、お外から帰ってきてご飯を食べず下痢やおう吐をするようであれば、お外で良くないものを食べた可能性がありますので、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

 

 

猫が帰ってきたらすること④ 病院に連れていく

ケガや傷、体調不良が見られなくても、帰ってきてから1週間以内くらいには、念のため動物病院を受診しましょう。

お外にいる間に他の猫から、ウイルスなどの感染症や寄生虫をもらっている可能性があります。

病院の先生にお外に出てしまったことを伝えて必要な検査をしてもらいましょう。

  • 健康診断
  • 血液検査(猫エイズ・猫白血病など)
  • ダニ、ノミの確認
  • 便の検査

脱水状態になっている場合もあるので点滴をしてもらう場合もあります。

⑤妊娠していないか様子を見る

脱走してしまった猫がメスで避妊手術前だった場合、妊娠してしまった可能性があります。

猫は交尾排卵(猫は交尾によって排卵、受精が起こるのでほぼ100%の確率で妊娠すると言われています)といい、ほ乳類の中でも猫とウサギなどごく一部の動物しか行わないめずらしい妊娠形態をしています。

 

ただまだ受精したばかりだとエコーにもうつらず、すぐにはわからないため、様子を見るとともに動物病院に相談してみましょう。

 

もし妊娠していた場合は、子猫を育てるか里親を探すか、かわいそうですが堕胎の対応が必要です。

妊娠することは猫にとっても負担がかかります。

 

自分でどうしていいかわからない場合は、保護団体に相談しながら責任を持って対応するようにしましょう。

 

なな
保健所や警察に猫の迷子の届けを出していたら見つかったことを報告してくださいね。
SNSやチラシを配布していたら『見つかったと』報告しましょう!

 

猫が脱走しないための対策

猫が脱走から帰ってきたら、その後に必ずしなくてはいけないことがあります。

それは2度と猫が脱走をしないための対策です。

猫は1回脱走すると、お外の刺激を求めて、また脱走しようとしますので注意しなければいけません。

 

特に、1度脱走したことのある場所から出ようとするので、脱走経験のある場所はしっかり対策しましょう。

脱走防止柵

猫が脱走するポイントで多いのは、窓、ベランダ、ドアなどです。

脱走防止柵を使って、玄関と廊下に区切りを作ったり、ベランダ窓の手前に防止策を設置したりして玄関や大きい開口部に近づかせない対策が有効です。

 

ベランダ窓の柵は開閉が可能なタイプだと、ベランダの窓を開けないときには猫が窓の外を見られるためおすすめです。

 

 

網戸に鍵をつける

網戸も猫が脱走する場所のひとつなので鍵をかけることをおすすめします。

いつのまにか破けていたり、網戸の開け方を覚えて脱走したりする猫もいるため網戸だけでは脱走を防止することはできません。

 

網戸の網の部分を爪にひっかけ器用に開けてしまえるので、網戸が動かないように網戸ロックや網戸ストッパーで鍵をかける対策が有効です。

網戸の網の部分も破れにくい商品が販売されていますので張替えをしましょう。

 

 

 

◆まとめ

 

猫ちゃんが脱走したら心配でたまらないですよね。

無事に猫ちゃんが帰ってきたら、一安心する前にまずはケガや体調を確認して、悪いものを持ち込まないようにケアをしてあげましょう。

猫が脱走して帰ってきたらすること
  1. ケガがないかチェックする
  2. 体を拭く(洗う)
  3. 水とご飯をあげる
  4. 病院に連れていく
  5. 妊娠していないか様子を見る

 

また、リスクの高いお外へ脱走してしまわないように、脱走防止柵や網戸ストッパーなどの対策をしておくのもおすすめです。

家族の一員である猫ちゃんが安心して暮らせるようにお家に合った対策方法を試してみて下さいね。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事