猫が飼い主をみつめてくる時のサイン?こんな事を求めています

飼い主さんA
うーん。うちの愛猫私のことをみつめてくるけど
どうしてほしいのかわからないの

飼い主さんB
うちの子は私をみつめてゆっくりまばたきするの
何か意味があるのかしら?

なな
猫がみつめてくるのには猫からの飼い主さんへの
サインのことが多いんです
ふと見てみると愛猫に見つめられていることはありませんか。
私も、じーっと見つめられて、ちょっと怒ったような目つきで見られたりします。
これって実は、猫の飼い主さんはのサイン
そのサインの意味がわかれば、愛猫と気持ちがわかり、距離が縮まります。
そこで、この記事では、猫が飼い主をみつめてくる時のサインの意味を解説します。
この記事を読むと愛猫の見つめられた時の何をしてあげればよいのかわかりますよ。

猫が飼い主をみつめてくる時のサイン5つ

猫は本来、目を合わせることや見つめることはしません。
なぜなら、目線をあわせることは、喧嘩を意味するからです。
では、なぜ飼い主さんのこともみつめてくるのでしょうか。
猫が飼い主さんをみつめてくる時にはたくさんの意味があるからです。
猫からのサインを受け取ってコミュニケーションをとりましょう。
猫が飼い主さんを見つめてくる時のサイン5つ
  1. 何かしてほしい(欲求)
  2. 不満がある(プチ抗議)
  3. やきもちや寂しさ
  4. 飼い主さんを狙っている
  5. なんとなく

なな
ひとつずつ解説をしていきますね。

猫が飼い主をみつめてくる時のサイン① 何かしてほしい(欲求)

飼い主を最も見つめる理由で多いのが、何かをしてほしいときです。

特に飼い主さんが何かの作業に没頭しているとき『ジーッ』とみつめてきます。

どのような理由があるのでしょうか

もも
おなかすいた~ごはんちょうだい!
遊んでほしいにゃー
トイレの砂がきたないにゃ変えてよ!

やまと
撫でて―
おやつがほしい
このドアをあけてほしいにゃ

 

人間の赤ちゃんに似ていますが、まずご飯をあげたか、あげていたらトイレの確認、大丈夫なら遊んであげるなど、試してみてくださいね。

 

猫が飼い主をみつめてくる時のサイン② 不満がある

飼い主さんに不満があるときは『じとー』とみつめてきます。

もも
もっと撫でてよ!
もっと遊んでよ!
おやつが足りないやご飯がたりない、おいしくない

 

このときは、少し攻撃的なキツイ視線を投げかけてきます。

猫はグルメなのでご飯の味にはうるさいです。

トッピングする、ご飯を混ぜてみるなど工夫をしてみてください。

ただ、欲求のまま、ご飯やおやつをあげると肥満のもとなのできをつけてくださいね。

 

また飼い主さんがトイレやお風呂に行ったときに、戸を開けると見つめてくることはあります。

これは、寂しさや不安からじっとみつめて見張っているのです。

 

なな
ももは、普段はツンとしていますが、私がトイレや目の見える場所から離れると探してきます。
でも姿が見えると去っていくんですが(笑)
ツンデレですね。

もも
たまたまにゃ!

猫が飼い主をみつめてくる時のサイン③ やきもちや寂しさ

猫が小さいころから飼い主さんと暮らしている場合は、甘えん坊になることが多いです。

お母さんのように思っているんですね。

なので、愛猫の相手をせずに、他の人や動物を可愛がったり、仲良くするとやきもちをやくことがあります。

もも
かわいいけど♡

 

  • 飼い主さんのパートナー
  • 子ども
  • 他の猫
  • 他の動物(犬やウサギなど)

 

猫カフェや、友達の家の猫と遊んで帰ってきてニオイをつけてくると最上級に嫉妬しますので、愛猫触れ合うときは、服を着替えてからにしましょう。

 

 

猫が飼い主をみつめてくる時のサイン④ 飼い主さんを狙っている

飼い主さんとを狙って、みつめていることがあります。

獲物を狙う目ですね。

低姿勢でおしりをフリフリしてから静かに歩み寄ってくる場合は飛びついてじゃれついてくるかもしれません。

いたずらっこ
飼い主さんの足の動きが気になるにゃん

猫が飼い主をみつめてくる時のサイン⑤ なんとなく

飼い主が何かしているわけでもないのに見つめてくるときがあると思います。

これはただ「なんとなく」猫が飼い主さんはジーッと見ているだけです。

特に理由はないのですが「何をしてるのかな」とぼんやり考えているときのしぐさです。

また、飼い主がいつもと違う服装だったり髪型が違うと「何かいつもと違うな怖いな」と感じて警戒心でと見つめてくることもあります。

 

 

最初の飼い始めのころは猫が何を訴えているのか理解するのは難しいかもしれませんが、一緒に過ごしているうちにわかってきます。

わかってきたら、猫との距離が縮まった証拠です。

 

なな
猫は気まぐれなのでお忘れなく(笑)

 

 

ゆっくりとうなずきながらまばたきをする

 

愛猫が飼い主さんをじっと見てゆっくりとまばたきをすることはありませんか。

これは、『あなたのことが大好き』のサインです。

本来猫が目を合わせることは喧嘩を意味します。

なので猫は目を合わせることが苦手なはずですが、飼い主さんの顔をみてまばたきをしたら、それは愛情の証です。

もも
ストレスなく楽しく暮らしているよありがとう

 

やまと
いつもおいしいご飯とトイレの掃除ありがとう、信頼しているよ
目を潤わせるための早いまばたきとは違いゆっくりとした動きなのですぐにわかります。
もしゆっくりとまばたきをしたら、優しく撫でてあげてくださいね。
片目だけまばたきをする場合は、目に異物が入っている可能性があります。症状が続くようなら病院に連れて行ってください

猫の目は口ほどにものをいう

猫の目はクルクル大きさが変わり豊かな表情を見せてくれます。
猫は目で見つめるだけでなく目(瞳孔)から状況が読み取れます。
瞳孔は周囲から入る光の強さによって調整する機能が一般的ですが、猫の瞳孔から気持ちが読み取れます。

なな
状況によって全く逆の気持の抱いている場合はあるのでよく観察を!

まとめ

 

この記事では、猫が飼い主をみつめてくる時のサインの意味を解説してきました。

 

猫が飼い主さんを見つめてくる時のサイン5つ
  1. 何かしてほしい(欲求)
  2. 不満がある(プチ抗議)
  3. やきもちや寂しさ
  4. 飼い主さんを狙っている
  5. なんとなく

 

飼い主さんをみてゆっくりまばたきする時は、飼い主さんのことが大好きのサインです。

 

最初は、何を求めてみつめてくるのかわからないことが多いと思います。

でも、伝えたい気持ちとわかってあげようという気持ちがあれば理解することができます。

なな
愛猫が求めていることを理解して、猫のたくさん『大好きのまばたき』をもらいましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事