猫がよろこぶ抜け毛対策用ブラシが知りたい!私のおすすめブラシ5選

柔らかい手触りで、癒しを与えてくれる猫たち。

撫でると、幸せな気持ちになるのですが、フワフワと舞う抜け毛には 困っている方も多いのではないでしょうか。

なな
特に季節の変わり目の換毛期(かんもうき)なんて大変

 

抜け毛の対策は、いくつかありますが、ブラッシングはとても有効な対策の1つです。

猫にもよりますが、ブラッシングの好きな子もたくさんいます。

もも
わたしはブラッシング大好きにゃん

やまと
僕はあんまりすきじゃない

 

何よりも毛を舐める猫は、たくさん体の中に入ってしまうと毛が固まって病気になることもあります。

それもあってブラッシングは大切なんです。

なな
でも、どんなのがいいの?

 

しかし、ブラッシング用のブラシは数多く販売されていて、どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、猫用ブラシの種類と、おすすめブラシ5選をご紹介いたします。

 

猫の毛の生え方の種類

猫 毛

 猫には、換毛期のあるダブルコートの子と、換毛期がないシングルコートの子がいます。

 

ダブルコート

猫 毛

オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)と呼ばれる性質の違う毛質が二重構造になっている種類。

オーバーコートは長くハリのある毛で、アンダーコートは、内側に密度高く生えている毛です。

厳密にいうとアンダーコートには2種類あるので、3種類の毛質があります。

換毛期に抜け毛が多くなるのは、密集しているアンダーコートなので、ダブルコートの猫種は抜け毛が多くなります。

日本の雑種は個体差があるものの、ダブルコートがほとんどと言われています。

(主な猫種はペルシャ・アメリカンショートヘア・ロシアンブルーなど)

シングルコート

猫 毛

オーバーコートかアンダーコートどちらか1種類で構成されている種類。

基本抜け毛は少ないのですが、アンダーコートで構成されている猫種の場合は比較的多くなります。

(主な猫種はベンガル・シャム・メインクーンなど)

 

もも
どんなブラシがあるのにゃ

 

猫用ブラシの種類

 猫用のブラシは、毛の長さ、用途によってたくさんの種類があります。

 

  1. ラバーブラシ
  2. 抜け毛取りブラシ
  3. コーム
  4. ピンブラシ
  5. 獣毛ブラシ
  6. スリッカーブラシ

ラバーブラシ

素材がゴムやシリコンでできているブラシです。

摩擦力の強い素材を使っているので、抜け毛をしっかりとることができます。また、使用後の掃除も簡単。

金属の刃を使用していないので、初めての方も安心です。

広範囲に使えるので抜け毛対策として使うならオススメのタイプ

ただし、使用時に力を入れすぎると、抜ける必要のない毛が取れて、猫が嫌がることもあるので、気を付ける必要があります。

 

抜け毛取りブラシ

その名の通り、抜け毛やムダな毛を取り除くためのブラシです。

毛を取り除く効果が高く、抜け毛対策にはとてもオススメのブラシです。

ブラシの刃部分だけでなく、持ち手にも工夫されていて疲れにくいのも魅力。

毛はしっかりとれますが、刃がついているタイプのブラシなので、やり過ぎると生きている毛が抜けたり、途中で切れたりすることも

あるため注意が必要です。

一般的にはシングルコートの猫種には使用しない方が良いと言われています。

 

コーム             

人間用で言うところのクシです。歯が一直線に並んでいる形状で、とりわけ目の細かいものはノミ取り用などにも使用されます。

毛を取り除くよりは、毛のもつれをほどくのに向いており、短毛種の仕上げなどの用途に多く使われます。

 

ピンブラシ

ブラシ面にピンが平面上についているブラシです。形状の特徴からも広範囲を一気に整えるのに向いています。

毛を取り除く用途よりは、マッサージしながら毛並みを整える用途に向いています。

 

獣毛ブラシ

動物の毛でできているブラシで、素材は主にブタの毛が多いようです。

抜け毛を取り除く効果はあまり高くないので、他のブラシで毛を取り除き、仕上げに毛並みを整えるのに適しています。

ブラシの目が詰まっているので、使用後のお手入れは少々手間がかかります。

 

スリッカーブラシ

「く」の字に曲がった金属製のピンが並んでいるブラシです。

主に長毛種の毛のもつれを整えるために使用します。

短毛種に使用すると皮膚を傷つける危険性があるため、短毛種にはオススメしません。

 

おすすめブラシ5選

上記のように猫ブラシも様々な種類があります。

今回は抜け毛対策に適したブラシをご紹介しますね。

 

ブラッシングが苦手な猫でもマッサージ感覚で使えるラバーブラシ

 

ANSCHLU55 ペットブラシグルーミンググローブ

柔らかいシリコンと、通気性抜群のメッシュの素材で作られています

猫を傷つけないよう配慮しながら、グルーミングとマッサージが同時に出来る

優れモノです。ブラシの突起が長短2種類密集していて、短く細い抜け毛も

しっかりキャッチできます。デザインの愛らしさも見逃せません。

                

ペティオ(petio)プレシャンテ猫用ラバーブラシ

素材は猫の肌にあわせた、やわらかいラバーを使用しているので安心です。

またこの商品は、短いブラシと長いブラシで両面使用ができるので、抜け毛取りとマッサージを使い分けることができるのも便利です。

お手入れも丸洗いできるのも特徴で、価格もお手頃なので初めての方にもオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペティオ (Petio) プレシャンテ 猫用ラバーブラシ
価格:2586円(税込、送料別) (2021/3/21時点)

楽天で購入

 

 

 YOYOCAT抜け毛とりブラシ

天然木の持ち手と柔らかいラバークッションに、シリコン製のブラシで小さな毛でもしっかりキャッチしてくれます。

抜け毛取りと同時にマッサージ効果もあるのが嬉しいところ。

ある程度ブラシに毛が溜まると、ブラシから毛がスッと外せるところも魅力です。

持ち手があるブラシをお好みの方にオススメです。

 

換毛期やしっかり抜け毛を取りたい時にオススメの抜け毛ブラシ

WinSunごっそり抜け毛取りペットブラシ

持ち手の付いたカーブ状のブラシが特徴です。

ハンドル部分が軽く、すべり止めがついているので、握り心地が良く疲れにくい設計なのも嬉しいところです。

ブラシにはボタンがついていて、使用後はワンプッシュで掃除も可能。

商品名の通り、ごっそりとれるので普段はもちろん換毛期にオススメです。        

 

 

 

 

ぺキュート(Pecute)カーブブラシ

くし部分が緩やかにカーブしていて、ブラシ両サイドの毛も効率的にキャッチしてくれます。

この商品はサイズと刃幅が選べるのも、魅力のひとつです。

ブラッシング後は、ワンプッシュで取り除いた毛を捨てられるのも嬉しいところ。

抜け毛の多い猫種や換毛期にはオススメです。

        

 まとめ

今回は猫用ブラシの種類と、おすすめブラシ5選をご紹介しました。

ブラシの種類
ラバーブラシ
抜け毛取りブラシ
コーム
ピンブラシ
獣毛ブラシ
スリッカーブラシ
おススメのブラシ5選
  1. ANSCHLU55 ペットブラシグルーミンググローブ
  2. ペティオ(petio)プレシャンテ猫用ラバーブラシ
  3. YOYOCAT抜け毛とりブラシ
  4. WinSunごっそり抜け毛取りペットブラシ
  5. ぺキュート(Pecute)カーブブラシ

猫用ブラシは様々な種類があり、どれも特徴があります。

また、猫達の好みもそれぞれ違うため、選ぶのに悩んでしまいますが自分の飼っている猫が、気に入ってくれるブラシ選びの参考になれば嬉しいです。

通販サイトなどでは、レビューも多く投稿されているので、そちらも参考にすると良いのではないでしょうか。

なな
お気に入りのブラシに出会えるといいですね!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事