年末年始の猫のお留守番どうしたらいい?最適な方法をみつけよう!

猫を飼い始めて初めての年末年始。

ほんとは一緒に過ごしたいけれど毎年恒例で実家に帰省をしなくてはならない親戚に新年のあいさつまわりをしないといけない人もいるのではないでしょうか。

 

なな
私の実家は近いので日帰りで

私は実家は遠くて3泊4日なの
日数もさまざま。
愛猫と離れるのも寂しいけど、猫ちゃんが元気にストレスなく留守番できるか心配になりますよね。
結論、子猫や老猫、病気もちの猫でなければ、しっかりした準備をしていけば1泊2日なら大丈夫。
それ以上なら人の手を借りるなど対策が必要になります。
また年末年始と言えば冬、寒いので防寒対策も必要です。
この記事では、年末年始の猫のお留守番どうしたらいいかを解説していきます。
愛猫にとって最適な方法をみつけて、気兼ねなく留守にできますよ。

猫はお留守番ができるの?

猫は群れで生きる動物ではないので、1匹で過ごす事は得意だと言われています。
とはいえ、食事や水の劣化、不慮の事故、病気などを考えると1泊2日が限度です。

なな
もちろん、愛猫の安全、清潔、快適な環境を整えてが前提ですよ
1泊2日以上の場合は、人の手を借りるのがベストです。
また、元気で活発な子猫、老猫は一泊でも猫だけのお留守番はおすすめできません。
また子猫のころから飼い主さんと暮らし親猫のように思っている猫の場合は、飼い主さんがいることに慣れているので、まったく姿を現さなくないとストレスを感じることがあります。

なな
できるだけ猫がストレスを抱えない方法を考えましょう。

年末年始の猫のお留守番の準備 1泊2日まで

子猫や老猫ではなく健康な猫なら1泊2日なら留守番させても大丈夫。
出かける前にしっかりと準備をしてあげてください。

なな
猫が困らないようにしてあげてくださいね。

やまと
出かけるときの準備ですにゃん
  1. たっぷりな水を用意する
  2. トイレをたくさん置いていく
  3. 誤飲誤食、食べたら危ないものを片付ける
  4. 寒さ対策をする
  5. ペットカメラを準備する

 

留守番の準備① ご飯を用意する

冬場ならドライフードを多めに何か所に置いておけば大丈夫。
猫は一度に全部食べず、少しずつ分けて食べるからです。
くいしんぼうな猫ちゃんの場合は、時間になると決まった量のご飯が出てくる自動給餌器があると安心です。

なな
ウェットフードは傷みやすいので、留守番する時は置くのはやめましょう。

留守番の準備② たっぷりな水を用意する

水はたくさん用意してから出かけましょう。
同じ場所に置くと、間違って水をこぼしてしまったときに、飲めなくなってしまいます。
何か所に分けてたくさんの場所に水を置きましょう。
特に冬は暖房をかけるため、室内が乾燥するため、水の減りが早くなります。
たくさん水が入れられて、こぼれにくい自動給水器を設置するのはおすすめです。

留守番の準備③ トイレをたくさん置いていく

トイレは基本普段から頭数+1つ以上用意するのが基本です。
留守番をさせるときは、いつものトイレの数のプラス2つ以上用意しましょう。
また、トイレは綺麗に掃除をし、砂の量も増やしておきます。
猫は汚いトイレは、嫌いなため、トイレが汚れていると粗相することがあります。
帰ってきたら、大変なことになっているかもしれません。

留守番の準備④ 誤飲誤食、食べたら危ないものを片付ける

長期の留守番するときだけでなく、普段から猫が誤飲をしやすそうなものを置くのをやめましょう。
留守番中に猫が飲み込んだら、手遅れになる可能性もあります。
猫が誤飲しやすいもの
  • 小さなネズミのおもちゃ
  • ひも
  • 輪ゴム
  • レジのスーパーの袋の切れ端
  • 消しゴム
  • シリコンでできたおもちゃ
  • スポンジ
  • 薬 など
特に糸状のものを飲み込むと腸閉塞をおこすことがあります。
アセトアミノフェン入りの解熱鎮痛剤は猫が口にすると命にかかわることがあるので、しっかりと掃除機をかけてから出かけましょう
食べたらいけない食べものや植物も必ず猫の手の届かないところに置いてくださいね。
風呂場のドアはしっかりと閉めてからでかけることも大切です。
洗剤は猫にとって有害な物質が入っています。
猫が好んで舐めることはありませんが、液がもれていて、体についた場合は猫の習性上、舐めてしまい口の中に入ってしまいます。
危険が無いように配慮してください。

洗剤をなめてしまったら(除草剤や駆除薬も含む)

猫が洗剤や除草剤、駆除薬を舐めてしまったときは、すぐに水や猫用の牛乳をたくさん飲ませてください。
毒性を薄める効果があります。
その上で必ず動物病院にいきましょう。

留守番の準備⑤ 寒さ対策をする

猫の祖先は砂漠に住んでいました。
なので、暑さにはある程度耐えられますが、寒いのは苦手です。

 

もも
猫はコタツで丸くなる♪
留守番をさせるときは、火事にならないエアコンやオイルヒーターを使いましょう。
エアコンの場合は、エコモードにすると、猫に反応さず温度が上がらないことがあります。
必ずエコモードはoffにしてください。
猫が好む温度は25℃~28℃。
少し低めで設定する時は、潜り込める毛布や厚手のタオルを用意すると良いでしょう。
ペット用の電気毛布もいいですが、低温やけどになることがあります。
猫が熱いと感じたら自分で移動できるような環境にしてあげてくださいね。
また湿度の調節も忘れずに。
加湿器などを使い室内の湿度は5060%になるように管理してください。

冷たい空気は下に集まり床の温度は人が体感するよりずっと寒くなっています。

毛が少ない猫種、痩せている猫や足腰の弱い高齢猫、子猫がいる場合は床暖房がおすすめです。

 

ペットカメラを設置する

ペットカメラを準備すると猫の様子がわかり安心です。

何かあった時のために、知人に連絡をとって駆けつけてもらえるようにしておくといいですよ。

1泊2日以上留守にする場合

 

1泊2泊以上留守にする場合は、人の力を借りましょう。

猫は環境の変化に弱いので、できれば家の中でお世話をしてもらうのがよいです。

家でお世話を頼むのが難しい場合は、ホテルに預けたり、一緒に連れて行くという方法もいあります。

1泊2日以上の手段
  1. 家族や知人に家に来てお世話にしてもらう
  2. ペットシッターにお願いする
  3. ペットホテルに預ける
  4. 連れていく

 

家族や知人に家に来てお世話にしてもらう

飼い主さんの信用できる親兄弟、知人にお願いをしましょう。

ずっといてもらわなくても、1日1回~2回トイレの掃除、水の取り換え、ご飯の補給、健康状態もみてもらえれば大丈夫。

様子を報告してもらえると安心です。

もし可能ならお世話を頼む前に、何度かお世話をしてもらう人に家に来てもらい家の環境と猫の慣れてもらうといいですね。

また今後のためにも、必ず感謝の気持ちをお礼をしましょう。

 

もも
見た事のある人の方が安心ニャン

 

 

ペットシッターにお願いする

頼める知り合いがいない場合は、ペットシッターさんにお願いをしましょう。

もちろんプロなので、お世話はについては心配はありませんし、猫の扱いにも慣れています。

猫の様子を動画に撮って送ってくれるサービスもあるところもありので様子がわかり安心ですね。

しかし、料金がかかります。

初回登録料と交通費実費、1回1時間2,500~3,000円程度が目安になり時間を超すと延長料金かかります。

また正月やゴールデンウィークなどは割り増し料金がかかります。

会社によってシステムも料金も変わってきますので、ネットなどで確認をして比較検討するとよいでしょう。

 

ペットホテルに預ける

家に他人を入れたくない、ずっと様子を見てもらいたい場合は、ペットホテルに預けましょう。

ペットホテルの種類は3種類

動物病院と併設している所
ペットサロンと併設している所
ペットホテル専門

ペットホテルは専門の人が見てくれるので安心です。

 

ただ、家と違う場所で過ごすため、環境の変化に弱い猫にはストレスがかかります。

また犬やほかの猫と一緒に預かるところが多いため、鳴き声やニオイなど猫には苦痛になります。

猫専用のペットホテルを探して預けるのがベストです。

また猫のことを考えて、ペットホテルを前もって見学し、少々割高でも環境のいいところを選びましょう。

いいペットホテルの条件
  • 動物取扱業者の標識を見やすい場所に掲示してあるか
  • 清潔でニオイがしないか
  • ワクチン接種が預かる条件になっているか
  • 脱走対策がしっかりとしてあるか
  • 愛猫の様子をこまめに連絡してくれるか
  • 夜間にも人が常駐しているか

 

もも
口コミなども参考にするといいですにゃん

なな
ペットシッターもペットホテルも、年末年始は割り増し料金になります。
また予約も殺到しますので早めに予約をしましょう。

連れていく

あまりおすすめはしませんが、どうしても預けることができず、出かける場所に猫を連れて行っても大丈夫なら猫を連れていきましょう。

ただ、猫は、長時間の移動や環境の変化が苦手です

初めて訪れる場所には自分の臭いがないため猫にとっては縄張りの外になります。

猫にとって縄張りの外に連れ出される行為は大きなストレスになってしまいます。

ストレスで粗相をしたり、ご飯やトイレをしなく場合もあります。

また、脱走などの可能性もあるので対策が必要になります。

必ず、事前に連れていく場所に脱走対策が施されているか確認をしましょう。

 

まとめ

 

今回は、年末年始の猫のお留守番どうしたらいいかを解説してきました。

 

猫は1泊2日以下なら、しっかりした準備をしていけばお留守番は大丈夫です(子猫・老猫以外)

お留守番の準備
  1. たっぷりな水を用意する
  2. トイレをたくさん置いていく
  3. 誤飲誤食、食べたら危ないものを片付ける
  4. 寒さ対策をする

 

1泊2日以上の留守番、子猫、病気持ちの猫、老猫の場合は人の力を借りましょう。

 

1泊2日以上の手段
  1. 家族や知人に家に来てお世話にしてもらう
  2. ペットシッターにお願いする
  3. ペットホテルに預ける
  4. 連れていく

 

愛猫にとってベストな方法を見つけてあげてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事