【猫の癖】段ボールをかじるのはなぜ?ストレスが原因なのか?

ガジガジ ガジガジ ペッ

猫好きさん
また、段ボールガジガジしてる(泣)
愛猫が段ボールをガジガジしていることはありませんか。
猫が段ボールをガジガジかじられると、ゴミが散らばるし、なによりもゴミカスを猫が食べてしまうことが心配ですよね。
わたし実家の猫が段ボールをガジガジはしないのですが、私が保護した猫のガジガジがすごいんです。

里親さん
段ボールが半分になっちゃった
猫が段ボールをかじるのには理由があります。
その理由の中で一番心配なのがストレス。
猫はストレスをかかえると病気になったりするので要注意です。
そこで、この記事では、猫と関わって40年以上の私が、猫が段ボールをかじるのはなぜなのか、対策について解説をしていきます。
この記事を読んで、猫の行動の知識を学びましょう。

猫が段ボールをかじる理由

 

猫が段ボールをかじっている姿は、おちゃめでかわいいですが、ゴミも出るし、愛猫が飲み込んだら大変だし、できれば止めさせたいですよね。

どうして猫は段ボールをかじるのでしょうか。

理由を解説します。

 

猫が段ボールをかじる理由
  1. ストレス発散や解消
  2. 飼い主さんの注目を向けたい
  3. 狩猟本能
  4. 歯が痒い
  5. 異食症

なな
ひとつずつ詳しく解説していきます

猫が段ボールをかじる理由① ストレス発散や解消

猫は人と同じように、ストレスを感じます。
猫は慢性的にストレス状態になった場合は、ストレスを感じたときに代替え行為をして気持ちを落ち着かせようと段ボールをかじることがあります。
また、イライラすると八つ当たりで、段ボールをかじってストレス発散することがあります。

猫が段ボールをかじる理由② 飼い主さんの注目を浴びたい

猫やその他の動物をたくさん飼っている人や飼い主さんが忙しいときに、猫が自分をみてほしくて、段ボールをかじることがあります。
猫は頭がいいので、段ボールをかじった時に、飼い主さんが自分の方を向いてくれたということを覚えています。
私の猫友はたくさん猫を保護しています。
そのため、どうしても全部の子が満足できるまで相手をすることが難しいです。
私が保護した猫もその方の家にいるのですが、飼い主さんのことが大好き。
相手にしてほしくて、ガジガジしていますよ。

猫が段ボールをかじる理由③ 狩猟本能

猫は、肉食獣で狩猟本能は強く残っています。

飼われている猫は、ご飯をしっかりもらっているので狩りをする必要はありませんが、狩猟本能を満たすために、段ボールをかじったり、ちぎったりすることがあります。

狩猟本能を満たすために段ボールを嚙む理由
  • 段ボールを嚙んだ時の噛みここちが肉を嚙む感触に似ている
  • 段ボールをちぎって投げるを繰り返すのは、鳥の毛をむしるのと同じ意味

猫ってかわいい顔してハンターなのね

 

猫が段ボールをかじる理由④ 歯が痒い

子猫の歯が乳歯から永久歯に生え変わるときまでの期間(生後2~5カ月)が歯がかゆかったりムズムズしたりして、何かに噛みつきたくなることがあります。

 

猫が段ボールをかじる理由⑤ 異食症

異食症(ウールサッキング(Wool Sucking)とは、『猫が食べ物ではないものを食べてしまう』病気のことです。

猫の異食症は段ボールを食べてしまうだけではなく、ビニールや石などを食べてしまうケースも多々あります。

ストレスや老化、空腹が原因だといわれています。

もも
段ボールのほかにも、ゴムやビニール、糸、紙、布などを
食べてしまうこともあるにゃん
なな

段ボールをかじると危険な理由

 

段ボールをかじって吐き出しているならそれほど問題はありません。

ただ段ボールを飲み込んでしまう場合があります。

また、異食症の猫の場合は好んで段ボールを飲み込んでしまいます。

 

飲み込んでも便と混じって排出されたり、吐き出だしたりと、体内の外に出せれば大丈夫ですが、体内から段ボールが排出されないと大変なことになります。

食欲不振や嘔吐、ひどくなると腸閉塞をおこして開腹手術ということもあります。

なな
腸閉塞になった場合、開腹手術代は15万以上かかります。

 

なによりも愛猫ちゃんが、苦しくて辛い思いをします。

では、段ボールをかじらせないためにどのような対策をしたらいいのか解説をします。

 

 

猫に段ボールをかじらせないための対策

 

猫が段ボールを食べて体内出せないと。開腹手術など大変なことは分かったと思います。

対策をお教えします。

猫に段ボールを食べさせない対策
  1. 段ボールを猫が触れないところに隠す
  2. 段ボールのヘタをガムテープを貼って補強する
  3. 段ボールのかわりになるおもちゃを与える
  4. ストレスを軽減させる

段ボールを猫が触れないところに隠す

簡単で、すぐにできる方法は、段ボールを猫の触れないところに置く(隠す)ことです。

段ボールあると猫が喜ぶので、そのままにしてしまいがちですが、折りたたんで、猫の触れない場所に保管して捨てましょう。

段ボールのヘタをガムテープを貼って補強する

猫が、噛む場所は、フタかヘタの部分にガムテープを貼って補強しましょう。

じょうぶな布のテープを使うことをお勧めします。

段ボールのかわりになるおもちゃを与える

段ボールのかわりにおもちゃを与えるのも効果的です。

おもちゃを嚙んだり、追いかけて遊んだりすることで、狩猟本能を満たすことができます。

デンタル用のおもちゃは噛み応えがありおすすめです。

おもちゃはあまり小さいものだと誤飲をすることがありますので注意してください。

 

やまと
僕のおすすめ、キャットニップ入りでストレスも発散にゃーん


ストレスを軽減させる

猫はマイペースにですが実は繊細。

寂しい時にかまってくれなかったり、他の猫ばかりかわいがったりすると、ストレスを感じます。

他にも大きな音や、模様替え、トイレが汚いなどストレスの要因がたくさんあります。

できるだけストレスを減らせるように工夫しましょう。

まとめ

 

この記事では、猫が段ボールをかじるのはなぜなのか、対策について解説をしてきました。

段ボールを食べるのはストレスが原因のことがあります。

他にもたくさんの理由が。

 

猫が段ボールをかじる理由
  1. ストレス発散や解消・・・ストレスがたまり段ボールをかじったり、ちぎってストレス発散をしている
  2. 飼い主さんの注目を向けたい・・・いたずらをして飼い主さんの目を向けようとしている
  3. 狩猟本能・・・段ボールをちぎるのは鳥の毛をむしる動き、噛むのは肉の感触にているからと言われている
  4. 歯が痒い・・・子猫の歯が乳歯から永久歯に生え変わるときに歯がかゆくなるため段ボールを嚙む
  5. 異食症・・・ストレスや寂しさから、段ボールを食べることがある。

 

段ボールをかじると誤飲誤食をする可能性があるので、食べさせない対策をしましょう。

 

猫に段ボールを食べさせない対策
  1. 段ボールを猫が触れないところに隠す
  2. 段ボールのヘタをガムテープを貼って補強する
  3. 段ボールのかわりになるおもちゃを与える
  4. ストレスを軽減させる

 

猫の段ボールをかじる癖は原因を探して対策をしてあげれば治ることが多いです。

ぜひ、対策方法を試してくださいね。

 

もも
いざというときにペット保険に入っておくと安心ですにゃん



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事