捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】猫好きが調査してみました!

警視庁・捜査一課長(けいしちょう・そうさいちかちょう)は、2012年からテレビ朝日系で断続的に放送されている刑事ドラマシリーズです。

内藤剛志(ないとうたかし)演じる捜査一課長・大岩純一と捜査員たちの奮闘を描いています。

ドラマはいつも緊迫していて夢中になってみています。

その緊迫している雰囲気の中、必ず1回に1度でてくる大岩家の場面。

そこには夫の仕事の理解者でいつも優しい小春( 床嶋佳子)と愛猫ビビが登場します。

猫好きの私としては、どうしても愛猫『ビビ』に目がいきます。

そこで、この記事では、捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】について調査しまとめてみました。

なな
ビビの意外な事実がわかるかも

捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】プロフィール

 

捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】のプロフィールをまとめてみました。

 

 

ビビ プロフィール

役名: ビビ オス

本名: 黒豆

性別: 実はメス

年齢: 10歳(人間でいうと70歳)

猫種:スコティッシュホールド

飼い主:内藤さんのマネージャーでもある所属事務所の社長が飼っている猫
所属事務所:内藤さんと同じ、坂口京子事務所(黒豆を入れて6匹の猫がいるそうです。)
坂口京子事務所

【その他】

近所の猫のネネのことが好き、近所の猫のピピとは仲良し

ビビなついているから内藤さんの猫かと思ってた
もともと内藤さんのビビ(黒豆)は事務所にいた子なので顔見知り。
事務所には6匹の猫が住んでいるそう。
内藤さんも家で猫を飼っているので猫の扱いはお手の物です(笑)
ビビは、ドラマの中で事件を解決するヒントを与えてくれます。

捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】出会い

出典:坂口京子事務所

 

大石家と愛猫ビビの出会いには2つの説があります。

保護ねこサークルに出向いた大岩夫妻に家族として迎えられた

⓶大石の娘(春菜)が亡くなった年に家に迷い込んできた猫

 

なな
こちらはもう少し調査が必要ですね。

ビビはスコティッシュホールド

 

ビビの猫種は、スコティッシュホールドです。

なな
私はアメリカンショートヘアーだと思っていました(笑)

スコティッシュホールドの特徴

・日本で一番人気
・耳は小さく、先端は丸い、前方に折れ曲がっている(曲がっている30%曲がっていない70%)
・大きく丸い目、見開いていて、愛らしい表情が印象的
【体重】
 体重オス3kg~6kg
 体重メス3kg~5kg
【毛種】
 短毛種・長毛種
・折れ耳のスコティッシュホールドは骨軟骨異形成症を発症している
スコティッシュの性格は穏やかで甘えるのが好きな子が多いといわれています。
また、運動量が他種よりも少なく、おとなしい印象を持たれています。

ビビのお友達ピピ

 

実はビビの近所の友達猫『ピピ』が住んでいます。

なな
ピピちゃんは、2010年お正月スペシャルに出演しました

【まとめ】捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】猫好きが調査してみました

 

今回は捜査一課長・大岩純一の【愛猫ビビ】猫好きが調査してきました。

メス猫で本名は『黒豆』猫種は耳立ちのスコティッシュホールドで年齢は10歳です。

警視庁・捜査一課長のシリーズがまた始まったらぜひ、ビビちゃんの注目してみてくださいね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事