猫の熱中症の症状は対策は?原因は猫の体温調節の仕組みにあり!

近年は猛暑になる傾向があり毎年夏の時期になると熱中症のニュースが飛び交いますが、猫も熱中症に注意しなければいけません。

やまと
暑すぎて・・・夏バテしそうにゃん

 

人と同様に猫も熱中症になります。

室内飼いの猫も気を付けないと熱中症になるので注意が必要です。

この記事では猫が熱中症になったときの症状とその対策について解説させていただきます。

 

猫の熱中症の原因と症状は?

 

猫の熱中症は、夏場の温度や湿気が高い時になりやすい病気です。

温度の高い場所に長時間いたり運動を続けると体温が上昇し体温調節がうまくいかず体調を崩してしまいます。

また猫の体温調節方法が人とは違うことから熱中症になりやすいといわれています。

 

猫の体温調節方法

猫は全身の被毛により熱がこもりやすくなっています。

そして、猫は人のように全身から汗をかくことはできません。また、犬のように口を開けてハアハアと呼吸をして体温調節することも基本的には行いません。

汗をかくのは肉球のみとなるので、急激な温度変化(特に暑さ)による体温調節は不得意です。

 

どのくらいの気温で熱中症の危険がある?

一般的には外の気温が29~30℃を超えてくると何らかの対策をしなければ熱中症になる可能性が非常に高くなります。

猫が熱中症になるシチュエーションで多いのは、「狭いところに潜り込んで閉じ込められてしまった」「閉められた部屋でエアコンなしで長時間いた」「直射日光のあたるベランダに出しっぱなしにした」などです。

その部屋の構造・日当たりなどで変わってきますが、基本的には人間が暑いなと感じてきた場合、猫はもっと暑く感じています。

 

熱中症の症状

猫が熱中症になったときの症状としては以下のものがあげられます。

  • 元気、食欲がなくなる
  • 下痢、嘔吐がみられる
  • 呼吸が速くなる
  • 口を開けて呼吸する
  • 体が熱い
  • ぐったりしている
  • 意識がなくなる     など

症状だけで熱中症と確定することは難しいですが、これらの症状がみられ、体温が高く、「暑いところにいた」という状況があれば熱中症の可能性が高くなります。

先ほど述べたように、猫は通常、犬のように口を開けて呼吸をすることがありません。

猫がずっと開口呼吸をしているときはかなり呼吸が苦しい状態・暑い状態が考えられますのですぐに動物病院を受診しましょう。

熱中症の恐ろしさは人間のほうでもニュースでたびたび報じられていますが、猫は具合の悪さを表にださない傾向があります。
初期段階で早期発見・治療をしないと命にかかわることがあります。

発熱がみられるほどの熱中症の場合は入院になる事も多く、高体温による臓器障害(腎不全など)が起こることもあります。

命が助かっても、後遺症から皮下点滴などの通院がずっと必要になってきてしまうこともありますので熱中症にさせないことが第一です。

もも
入院も後遺症も嫌だニャン

 

 

猫の熱中症対策は?

 

猫が熱中症になると重症化することが多く入院したり後遺症が残ることもあることがわかりました。

熱中症にならないためにどのような対策をしたらいいのでしょうか。

解説をします。

猫の熱中症対策
    1. クーラーをつける
    2. サーキュレーター
    3. クーラーマット
    4. 換気をこまめにする
    5. 風通しの悪い・密閉された空間にいかないようにする
    6. 猛暑の時期はベランダにださない

①クーラーをつける

夏場は基本的にクーラーをつけっぱなしにしましょう。

猫の室内快適温度は25℃~28℃くらいといわれていますのでそのぐらいの温度で設定をしてあげましょう。

ただし、逆に冷やしすぎても体調不良につながることがあります。

その温度以下にするのであればドーム型ベッドや段ボールなど猫が自分で選んで快適に過ごせる場所を用意しましょう。
エアコンの風が直接あたることを嫌う猫も多いので、そのような子たちにも隠れる場所を用意してあげられるといいでしょう。

②サーキュレーター

空気の流れを良くして風通しをスムーズにします。

サーキュレーターとクーラーを併用することで部屋全体をまんべんなく冷やす効果もあるので部屋が広い場所・隠れる場所が多い場合は併用することにより猫が快適に過ごせます。


③クーラーマット

ひんやり素材が使われているマットの併用もありです。

ただし、悲しいことに猫が使ってくれないことの方が多いのでその場合は人間が代わりに使いましょう(笑)


④換気をこまめにする

熱中症は熱気がこもって室内がサウナ状態になることで起こることが多いです。エアコンを使うほどではない暑さでも換気はこまめにして風通しをよくしてあげましょう。

クーラーを使っている場合でもこまめに換気をすることで空気の循環がよくなります。

なな
脱走対策はしっかりしてくださいね。

⑤風通しの悪い・密閉された空間にいかないようにする

色々なところに入り込むことが好きな猫も多いと思いますが、クーラーのついていない部屋でクローゼットなどに入り込み飼い主が気づかず閉めてしまうと短時間で熱中症になってしまいます。

特に夏場はそのような環境に猫がもぐりこまないように扉を開けられないようにする・閉じ込めていないかを確認するなど注意しましょう。

⑥猛暑の時期はベランダにださない

外の環境で直射日光があたるベランダなどにいることも熱中症のリスクを高めます。

猫はお気に入りの場所を優先する習性があり、どれだけ暑くても外に出たがる子もいます。
ただし、そこは飼い主さんが心を鬼にして室内で過ごさせるようにしてあげてください。

基本的に一番大事なことは「クーラーをつける」ことです。他の方法はあくまで補助的なものになります・

なな
他の病気と違い熱中症は飼い主が気を付けることで避けることができる病気です。

まとめ

 

この記事では猫が熱中症になったときの症状とその対策について解説してきました。

猫は全身の被毛により熱がこもりやすくなっています。

また猫は肉球からしか汗をかかず全身から汗をかくことはできません。

そのため、熱中症になりやすいのです。

    • 元気、食欲がなくなる
    • 下痢、嘔吐がみられる
    • 呼吸が速くなる
    • 口を開けて呼吸する
    • 体が熱い
    • ぐったりしている
    • 意識がなくなる     など

このような症状がでたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

『室内で扇風機を回しているから大丈夫』『電気代がかかるから』『うちの子はエアコンの風が嫌いだから』といって熱中症対策を疎かにしていると大切な家族を突然失ってしまう事故につながりかねませんのでしっかりとした対策をとるようにしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事