猫 抱っこ

 

 

猫初心者さん
猫を家に迎えたんだけど抱っこをすると嫌がるのどうしたらいいのかしら?

なな
無理強いは禁物ですが少しずつ訓練していくことで抱っこできることもありますよ
猫を迎えたんだけど、抱っこしようとすると逃げたり、威嚇をしてくる。
『こんな筈じゃなかったのに』っと落ち込んでいる人がいると思います。
たしかに抱っこできれば、こんなにうれしいことはありませんが、猫の性格、トラウマ、人への恐怖心から抱っこを嫌がる猫がいます。
もともと抱っこが嫌いな猫も複数います。
すべての猫というわけにはいけませんが、恐怖心を取り除き人の信頼関係ができ、抱っこうれしい時間だと教えることで抱っこができるようになることがあります。
そこでこの記事では、猫の抱っこ訓練法と、信頼関係を築くための方法を伝授していきます。
ぜひ参考にして猫ちゃんと距離を縮めてくださいね。

 

嫌がる猫の【抱っこ訓練法】猫との信頼関係を築く最短の方法とは

猫 抱っこ
猫はもともと抱っこが好きな動物ではありません。
なぜなら猫は密着されたり圧迫されるのがとても苦手です。
自由が奪われしまうと、身に危険が迫った時に逃げたり、防御することができないため不安を感じてしまいます。
乳飲み子から育てた猫ちゃんの場合は人を信頼しているので大丈夫なことが多いです。
しかし元ノラ猫や人から恐怖を与えられた猫は抱っこが難しいことがあります。
でも飼い主さんの心理としては、やっぱり抱っこがしたいし、なによりも病院に連れていくときや、災害などおきて連れていくときに抱っこができないと困りますよね。
少しでも猫が抱っこを好きになってくれるといいですよね。

なな
では、猫の抱っこ訓練法を紹介しますね!

猫の抱っこ訓練法

    1. 猫に好かれる安定した抱き方実践して繰り返す
    2. 抱っこはいいものだと理解させる
    3. 洗濯ネットを使って訓練する

 

猫に好かれる安定した抱き方を実践して繰り返す

なな
猫に抱っこは怖いものでないことを教えましょう!

上手に抱っこする方法

  1. 抱っこする前にひと声かける
  2. やさしく抱き上げる
  3. 包み込むよう抱っこをする

①抱っこする前にひと声かける

猫が自分から向かってきても、すぐに抱き上げるのはNGです。

猫は、いきなり抱き上げられるとびっくりしてしまいます

ときに抱っこに対して恐怖心を持っている子は心の準備の時間が必要になります。

声をかけずに急に抱き上げることを繰り返すと恐怖で飼い主さんに近寄らなくなります。

必ず抱き上げる前には優しくひと声かけてくださ

猫はある程度の言葉はわかってくるので抱っこの前の習慣だと覚えされるとよいでしょう。

なな
もも~抱っこするよ~

もも
了解にゃん

 

猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度であるといわれていて、単語の数としては80語ほどは聞き分けられるといわれています。
何度か同じ言葉で話しかけることで覚えていきます。

 

②やさしく抱き上げる

猫に声をかけ嫌がる素振りがなければ猫を抱っこします。

猫の両脇お脇の下に優しく手を入れてゆっくりと持ち上げたら、すぐに片方の手で下半身を支えてあげましょう。

安定しないと不安がります。

もも
安定していないと落とされそうでとっても怖いにゃ
22の抱っこ訓練法
③包み込むよう抱っこをする
抱っこをしている人と猫の間に隙間ができると猫は不安定でこわがります。
猫のからだを包み込むように抱くことで安心します。
だたギュッと抱きしめると猫は苦しく身動きが取れないためストレスを与えるだけなのでやめましょう。
MEMO
抱っこに慣らすときは飼い主さんが座った状態で膝にのせてに抱っこをするのがおすすめです。猫の足が宙に浮かないため安定しているので猫が安心します。
機嫌がいい時やご飯の前などに行い、様子をみて何度も練習することが大切です。

抱っこはいいものだと理解させる

 

食欲旺盛な猫ちゃんやおやつ大好きな猫ちゃんに有効です。

  1. 大好きなおやつやご飯を用意する
  2. 猫がリラックスしている時間やご飯やおやつの時間前を見計らって、ナデナデする
  3. 飼い主さんは座った状態で、静かに体を引き寄せて膝上に乗せます
  4. あまり慣れていない子は脇の下に手を入れて上に持ち上げるより、ネコ首の伸びる部分を掴んで横に移動する感じで乗せます

なな
かわいそうとか恐怖を与えると思うかもしれませんが、母猫が運ぶときに咥える部分なので大丈夫です!

 

抱っこしたあとに、おやつや、ご飯をあげると抱っこされると『いいことがある!」と学習をして抱っこをされることが好きになります。

 

洗濯ネットを使って訓練する

少し強引だと思うかもしれませんが効果はありです。

洗濯ネットに入れて(猫は洗濯ネットに入れると落ち着きます)肩からかけられる袋やバックに入れてできるだけ長い時間を抱っこするといものです。

 

なな
猫のボラ仲間でもこの方法は良くとられていますよ

猫が抱っこを嫌がる理由を理解しよう

 

猫が抱っこを嫌がっているなら理由があるかもしれません。

それを解消することで、信頼関係ができ抱っこもできるようになることがあります。

猫が抱っこを嫌がる理由はどんなことがあるのか解説をしていきます。

 

猫のキライなニオイがする

 

鼻の効く猫はきついニオイを嫌います。

猫の嫌いなニオイ
  • 香水
  • タバコ
  • 柑橘系のニオイ
  • ハーブ系(ランタナ、ユーカリ 、ゼラニウム 、ヘンルーダ 、ローズマリー、レモングラス 、柑橘類 、ペパーミント 、ニンニク 、チャイブ 、マリーゴールド 、カニナハイブリッドなど)
  • ハッカの香りのするもの(芳香剤、ハーブ、練り歯磨き、湿布薬など)
  • 香辛料など(コショウ、カレー粉)

このようなニオイがついている時は、ニオイを取ってから抱っこをしましょう。

いつもこのニオイがついていると、覚えてしまい抱っこができないどころか寄って来なくなります。

 

猫に嫌われる行動をしている

猫に嫌われる行動をしていませんか。

もし心当たりがあれば改善をしましょう。

 

じっと見つめる

猫の世界では、目を合わせるじっとみつめる行為は、宣戦布告です。

しかし飼い主さんは、猫の綺麗な目をみるとついついずっと見つめてしまいます。

たしかに人はアイコンタクトでコミュニケーションをとりますが、猫は目線があっているのに逃げていかない相手は縄張りを荒らしにきたと思ってしまいます。

なので猫に警戒心を与えてしまい嫌われてしまうのです。

嫌いな相手には絶対抱っこはさせてくれません。

 

もも
目は合わせないでくださいにゃん

 

追いかける

猫は必要以上に追いかけてくる人のことを嫌います。

猫にとって自分の何十倍も大きい生き物が追いかけていたら怖いですよね。

なな
私も象に追いかけられたらこわい💦

猫のいくところをついて回ったり追いかけると鬱陶しがられることがあります。

猫の方から誘われるとき以外はほっておいてあげましょう。

 

しつこく触る

触られらたり撫でられたくない気分のときはそっとしておきましょう。

愛猫ちゃんが喜んでいると思って調子に乗って撫ですぎると急に怒ったりします。

特にしっぽや肉球は嫌がりポイントです。

猫好きさん
肉球さわりたいのに・・・残念
愛撫誘発性攻撃行動(あいぶゆうはつせいこうげきこうどう)」
長時間のスキンシップは猫にとって大きなストレスとなります。「もう撫でるのやめて」「撫でられるのあきた」の意味で攻撃してしまうことがあります。

 

大声を出される

猫は大声が嫌いです。歌を歌うと怒る猫や、くしゃみやせきを嫌がる猫も少なくありません。

猫は人間よりも10倍の聴力を持ちます。

超音波レベルの高音が聴き取れる猫は、大きな音は人の何倍にも感じています。

そのため、大きな声や大きな音がとても苦手で出す相手にのことは嫌いになってしまいます。

 

猫の嫌いの音
  • 掃除機
  • ドライヤー
  • 雷や花火
  • ドアチャイムや電話の音、工事の音
  • 洗濯機
  • ピアノなどの楽器の音
  • 男性の低い声 (威嚇の鳴き声に似ているため)
  • 子どもの甲高い声

なな
わたし、声大きいです。きをつけようっと

急に大きな動作をされる

突然大きな動作をされると猫はびっくりしてストレスや恐怖を与えます。
急に動いたりせず静かに動き出しましょう。
常に落ち着いた態度で行動するように心がけるのが猫に好かれるコツです。

なな
猫との信頼関係を築いてから少しずつ抱っこの練習をしていきましょう

まとめ

今回は猫の抱っこ訓練法と、信頼関係を築くための方法を伝授してきました。
猫抱っこ訓練法
  1. 猫に好かれる抱き方実践して繰り返す
  2. 抱っこはいいものだと理解させる
  3. 洗濯ネットを使って訓練する
猫はニオイに敏感なので抱っこの訓練をするときはニオイを消してから行ってください。
猫の信頼関係を築くことが大切です。
嫌われるような行動はしないようにしましょう。
猫に嫌われる行動
  • じっとみつめる
  • 追いかける
  • しつこくさわる
  • 大声を出す
  • 急に大きな動作をする

 

猫の性格もありますが信頼関係を築いて訓練をすることで少しずつ抱っこできるようになります。

    ムリせずゆっくりを訓練をしましょう。

    もも
    猫ファーストでおねがいしますにゃん

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事