【猫の上手な薬の与え方】愛猫の性格にあう投薬方法を紹介します

もも
薬飲むの嫌だー 絶対に嫌だーにゃー

猫に薬を与えるのって難しい
猫に薬を飲ませないといけないけど、上手に与えられなくて悩んでいる人はいませんか。
嫌がる猫に薬を飲ませるのは一苦労です。
飲ませようと思ったら猫が怒り出して飼い主さんがケガをしたり、猫がせっかく薬を飲んだと思ったら吐き出したり。
また薬の種類も液体薬や、錠剤・カプセルなどあり与える方法もさまざま。
猫にストレスを感じさせないためにもにも、手際よく与えたいものです。
この記事では【猫の上手な薬の与え方】愛猫の性格にあう投薬方法を紹介していきます。
ぜひ上手に薬を与えて猫ちゃんの健康を守ってあげましょう。

【猫の上手な薬の与え方】愛猫の性格にあう投薬方法

猫は、こだわりや警戒心が強く口を触れらるのも苦手。
薬を飲ませるのは至難の業です。
また猫ちゃんによって性格も異なため性格に合う投薬方法を探してあげることが大切です

なな
薬を与える前には猫の爪は切っておきましょう!
猫の薬の与え方
  1. 液体やペーストなどウェットフードに混ぜ込んで食べさせる
  2. 液体に混ぜてシリンジ(注射筒)などで与える
  3. 口を開けて。薬を口の中に放り込む
  4. 投薬用の道具を使って薬を口の中に放り込む
  5. 粘土ぐらいの硬さに埋め込んで食べさせる(団子やクッキー)

①液体やペーストなどウェットフードに混ぜ込んで食べさせる

ちゅーるのようなペースト状のおやつやゼリーやジェル状のものスープ状のものなどに薬を混ぜて与えます。
粉末の時はそのまま混ぜる、錠剤のものはつぶして与えると簡単です。
(動物病院の先生に与えたかについては必ず相談してください)
しかし、薬を混ぜ込んであるおやつやウェットフードを全部食べないの効果が少ななってしまいます。
なので、できるだけ少量のおやつやウェットフード混ぜ込み、できるだけ空腹な時間に与えましょう。
確実に飲み込んでもらうことも大切なので、必ず食べ終わるまで見守りましょう。

②液体に混ぜてシリンジ(注射筒)などで与える

薬を液体に混ぜてシリンジで与える方法です。
【液体や粉薬を粉にして与える場合】
  1. 少量のお水に溶いて液体にして飲ませる(液体はそのまま)
  2. お薬が水に溶けたらシリンジ(注射器の筒)で吸い、口の脇から飲ませる
  3. 嫌がって顔をそむけたら、片手で顔をそっとおさえてもう片方の手でシリンジを持って薬を口に入れる
  4. 正面から入れると口の脇からこぼれ出てしまうことが多いので、口の横(犬歯より後ろ側)から少量ずつ飲ませる
  5. 一度に入れると誤飲する可能性があるので、あせらずに少量ずつ飲ませる

 

もも
エリザベスカラーを使うとラクチン

なな
この薬でもこの方法は使えます。わかりやすい動画があるので紹介しますね。

 

③口を開けて、薬を口の中に放り込む

錠剤の場合

  1. 一人で与える場合はあらかじめ片手に薬を持っておく。もう片方の手は猫の頭の上からそのまま下に下す
  2. 頭の上から下した手を親指と人差し指での猫のひげを包み込むように猫の顔を持つ
  3. 噛まれないためにも猫の唇を内側に入れる感じで親指と人差し指を下げる(このとき力を入れない)
  4. 親指で人差し指は唇を抑えたまま、小指で猫の頭の後ろを支えておく(床と平行に猫の頭を後ろに軽く押す)
  5. 小指の支点にして、猫の口を上にむかせる、。この時に猫の口が開いたら薬を口の一番奥に入れる
  6. 口を開けない場合は歯と歯の間に指をかけるようにして、猫の口をあげる
  7. 口を開けたら、喉の一番奥に落とすように薬をいれる

注)力が必要になるのは、口をあけるこの時だけ。それ以外は力を入れないようにしましょう

 

もも
横に入れると吐き出す可能性があるので必ず真ん中に入れてにゃん

なな
動画わかりやすいので参考にしてにゃん

④投薬用の道具を使って薬を口の中に放り込む

「ピルガン」という注射器に似た「錠剤をペットの喉近くに送り込む道具」が売っています。
ビルガンとは
シリンジに似ていますが。先端に錠剤を注射器のような形をしたペット用の投薬器です。
先端に錠剤を挟むことができ、シリンジのようにピストンを押すと薬が飛び出る仕組みです。
先が細くなっているので、指を使って口の中に薬を入れるよりも負担なく入れることができます


⑤粘土ぐらいの硬さに埋め込んで食べさせる

投薬補助用の『トリーツ』といわれるものが販売されています。
  • 粘土ような硬さのもので錠剤を包み込んで隠すもの
  • 液状のもの
  • 固形のおやつに穴が開いていて、穴の中に薬をいれて与える

 

種類のたくさんがあります。

なな
使いやすいものを探すといいですよ



漢方薬をおいしく飲ませるレシピ

猫に漢方薬を飲ませることがあると思います。

味がまずいので猫も嫌がることが多いです。

なので、おいしく飲ませるレシピを伝授しますね。

かぼちゃ団子

かぼちゃ団子

『材料】
⓵ かぼちゃ 150g
⓶ 小麦粉 片栗粉 各大さじ1(よく混ぜます)
⓷ クリームチーズ
⓸ 山羊ミルク
⓹ えごま油
⓺ 黒ゴマ

漢方薬を必要に応じて材料に混ぜる

作り方
⓵沸騰した湯でかぼちゃを柔らかくなるまで茹でる
⓶茹で上がったかぼちゃをつぶし、材料の⓷⓸を加えて混ぜ、冷めたら⓹⓺振りかけて完成

鮭パテ

鮭パテ

【材料】
⓵鮭缶(水煮) 100g
⓶じゃがいも 1/2個
⓷チーズ   15g
⓸山羊ミルク 50ml
⓹しょうがの皮

漢方薬を必要に応じて材料に混ぜる

【作り方】
⓵沸騰した湯でじゃがいもを柔らかくなるまで茹でる。
⓶茹で上がったじゃがいもをつぶし、材料⓵⓷⓸⓹を加えて混ぜて完成

米粉クッキー

米粉クッキー
【材料】
⓵米粉  100g
⓶片栗粉 大さじ2
⓷りんご 150g
⓸山羊ミルク 大さじ3
カイジ 1/3包
⓺オリーブオイル 大さじ1
⓻はちみつ 3滴

漢方薬を必要に応じて材料に混ぜる

【作り方】
⓵リンゴをすりおろして水分を絞る
⓶米粉と片栗粉をかき混ぜておく
⓷上記に残りの材料をすべて加えて混ぜる
⓸170℃のオープンで型抜きをした生地を10分間焼いて完成

出典元:獣医版フローチャート ペット漢方薬 薯 新見 正則  井上 明

 

なな
山羊ミルクは牛乳に比べ、猫に必須の栄養素"タウリン"が豊富に含まれています
猫は体内での合成ができないので食事やサプリメントなどで補ってあげる必要があるんですよね


なな
カイジとは中国では抗がん生薬として有効データがでているキノコ由来の生薬です

薬を飲むトレーニングをする

 

猫が投薬を楽しみな時間になるように、トレーニングをしましょう。

薬を与える時間(朝・夕が多い)におやつを与えるようにします。

そのときに、おやつを薬の与え方の方法で与えるようにします。

そうすることで、この時間はおやつの時間と認識をし、いざ薬を与えたときにすんなりと食べてくれます。

 

また、フードを口の中に入れる練習をして口の中にものを慣らしておくと安心です。

 

 

まとめ

この記事では【猫の上手な薬の与え方】愛猫の性格にあう投薬方法を紹介してきました。

 

猫の薬の与え方
  1. 液体やペーストなどウェットフードに混ぜ込んで食べさせる
  2. 液体に混ぜてシリンジ(注射筒)などで与える
  3. 口を開けて。薬を口の中に放り込む
  4. 投薬用の道具を使って薬を口の中に放り込む
  5. 粘土ぐらいの硬さに埋め込んで食べさせる(団子やクッキー)

 

薬を与える時は必ず来るので早めに投薬のトレーニングをするのがおすすめです。

猫に投薬は楽しい時間とおもってもらえるのが1番。

猫ちゃんにあった投薬方法を見つけてあげましょうね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事